ここから本文です

【RIZIN】中井りんが1年半ぶり参戦、杉山しずかと激突

6/20(水) 14:57配信

イーファイト

 7月29日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.11』の記者会見が、6月20日(水)都内にて行われた。

【フォト】復帰戦で計量クリアした中井りん=18年2月

 元パンクラス女子バンタム級王者・中井りん(31=修斗道場l四国)が、2016年12月以来、約1年半ぶりにRIZIN参戦決定。杉山しずか(31=リバーサルジム新宿Me,We)との対戦が決まった。

 中井は柔道からMMA(総合格闘技)に転向し、2006年にパンクラスでプロデビュー。17戦無敗の快進撃で2014年には世界最高峰の『UFC』出場を果たした。2016年7月に国内復帰、同年末にはRIZINで村田夏南子と対戦してチョークスリーパーで一本勝ちを奪った。

 対する杉山は2008年の旗揚げ大会から、DEEP JEWELSのエースの一人として活躍。強打を武器に2012年から6戦5勝1分と好調を維持したが、2014年大みそかの試合を最後に結婚・出産のためリングから離れた。2017年2月のDEEP JEWELSで現役復帰して連勝すると、同年末の『RIZIN』に初参戦したが、新鋭の渡辺華奈に敗れた。今年6月のDEEP JEWELSで再起戦を行い、藤森祥子から勝利を収めている。

 また杉山は深夜番組『超人女子』にレギュラー出演し、知名度を高めている。

 会見に出席した杉山は「先日DEEP JEWELSで試合をして勝ったんですが、一本・KOという結果を出せなかったことに腹が立っています。その分を中井りん選手にぶつけたい。中井選手は年齢も同じくらいでずっと意識していた選手です。前は私が女子格闘技の先駆者と言われましたが、彼女が先駆者だと思っています。今回はチャレンジャーです。

 彼女は経験も上ですし、パワーもありそうですし、普通にやったら向こうが有利と思われているかもしれません。そこに私は人生を懸けて戦います。私は子供を生んで帰ってきてまたチャンスを得ることが出来ました。今まで不甲斐ない結果しか出せませんでしたが、今回が復活だと思っています。皆さん、RENA選手と浅倉カンナ選手に負けないくらいこのカードに注目してください」と、この試合に懸ける決意が伝わるコメントを熱弁。

 中井は会見に欠席したが、「杉山選手はいつもテレビに出たり、雑誌に出たり女子格闘技の宣伝を頑張って下さって有難いことだと思っています。しかし、試合・勝負となると別です。リングの上では1対1でどちらが強いかだけのこと、私の持てる限りの技と力を全て使い、杉山選手を倒しに行きます。杉山選手、覚悟しておいて下さい」とメッセージを寄せた。

最終更新:6/20(水) 16:40
イーファイト