ここから本文です

メタリカ、「音楽界のノーベル賞」ポーラー音楽賞授賞式の映像が公開。プレゼンターはディープ・パープルのイアンとロジャー

6/20(水) 11:56配信

rockinon.com

メタリカが現地時間6月14日にスウェーデンのストックホルムにてポーラー音楽賞の授賞式に出席し、同賞を受賞したことが分かった。今年はメタリカとともに、アフガニスタンにある音楽学校、Afghanistan National Institute of Musicを設立したAhmad Sarmast博士も同賞を受賞している。

1989年にアバのマネージャー、スティグ・アンダーソンが設立した同賞は「音楽界のノーベル賞」とも評されており、「様々な形の音楽を祝福すること」と「音楽的な垣根を壊し、様々な音楽に関わる人をひとつにすること」を目的に毎年コンテンポラリー・ミュージックとクラシックの分野から各1組ずつが選出される。

イアン・ペイスと共にプレゼンターを務めたディープ・パープルのロジャー・グローヴァーは、以下のようにメタリカとの思い出を紹介した。

80年代の初め、俺達は波に乗っててイングランドの大きなフェスに出てた。その時、バックステージでこのバンドを聞いた……まぁ、実際は彼らがステージでやってて、俺はバックステージにいたんだけど。「これは誰だ?」と俺は思った。それがメタリカだったんだよ。

名前は聞いたことあったけど、彼らのことは何も知らなかったんだ。それでステージの横に行って(パフォーマンスを)見て、こう思ったんだ「あぁ、ここで何かが始まるな」と。

なぜ俺がこう思ったのか。それは、観客が全ての歌詞を歌ってたからだ。そのことに、俺は一番驚いた。多くの人を音楽で感動させると、何か特別なことが起こるんだ。

また、メタリカを代表しロバート・トゥルージロと共に同賞の授与を受けたラーズ・ウルリッヒは、壇上でのスピーチにて以下のように語っている。

この賞を、Ahmad Sarmast博士と分かち合えることを大変誇りに思います。

(中略)メタリカが37年前に音楽を始めた時、いつか音楽の権威と本物の(スウェーデンの)皇族の目の前に立ち、ミュージシャンにとって最も名誉ある賞の一つを受け取る日が来るなんて、誰も予想できなかったでしょう。

メタリカが受賞する様子は、ポーラー音楽賞の公式YouTubeにて見ることができる。


受賞者1組に対し100万スウェーデン・クローナ(約1230万円)が賞金として贈られたが、メタリカは全額を自分達が設立したチャリティー団体、All Within My Hands Foundationに寄付すると発表している。

なお、ポーラー音楽賞の1992年の第1回目授賞式ではポール・マッカートニーが受賞。昨年にはスティングが受賞しており、その他の受賞者にはエルトン・ジョンやレイ・チャールズ、チャック・ベリー、スティーヴィー・ワンダー、ボブ・ディラン、ピンク・フロイド、レッド・ツェッペリン、ビョーク、パティ・スミスらが名を連ねている。

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:6/20(水) 11:56
rockinon.com

あなたにおすすめの記事