ここから本文です

がん「ステージ4」の覆面レスラー、ワイルド・セブンが、がんを克服した小林邦昭氏の激励で復帰を決意

6/20(水) 9:04配信

スポーツ報知

 “邪道”大仁田厚氏(60)の愛弟子で、昨年がんの手術を受けた覆面レスラー、ワイルド・セブン(国籍、年齢不明)が、7月1日に東京・両国KFCホールで行われるバリアフリープロレスHEROで復帰することが決まった。

 昨年8月に体調の異変を覚えたセブンは、数回の精密検査を受けた結果、10月に十二指腸に悪性腫瘍ができていることが発覚。それでも、ドクターストップを振り切って、10月31日に後楽園ホールで開催された「大仁田厚引退興行」に強行参戦。その後、治療に専念し、11月16日に都内の病院で10時間に及ぶ手術を受けた。

 手術前には「ステージ2」だったが、術後の検査で「ステージ4」と宣告され、体内にがんが転移していることが判明。担当医から、そのがん細胞が動き出す可能性は「30%」と告げられている。

 セブンは「大仁田さんは常々『人生は1度きりだから、胸いっぱい生きろ』とおっしゃっています。自分に残された時間がどれだけあるかわからない。だったら、今できることを胸いっぱいやろうと決意しました。大仁田さん、お世話になった高杉正彦さん(湘南プロレス)、がんの手術を受けられた小林邦昭さん(元新日本プロレス)からも、『続けられるなら続けた方がいい』と言われて…。1度はリングに戻らなければならないと思った」と話す。

 今年2月にトレーニングを開始し、3月から本格的な練習を再開。体力、体重が戻ってきたことで、復帰を決断。体内にはがん細胞が残っており、3か月に1回の定期検診は欠かせない。

 7月1日の両国大会では、セブンは、ワイルド・ベアー、ワイルド・シューターとのワイルド軍で、友龍(聴覚障害プロレスラー)、田中稔、雷電のHERO正規軍との6人タッグ戦に挑む。

 「30%のリスクがあるんだから、正直怖いですよ。でも、3月、6月の検査はパスしたんで、担当医は復帰に賛成してくれています。プロレスをすることで、がんが悪くなるわけではないので。目標を持って、前に進むことで免疫力が高くなって、健康的に過ごせるし、それがいちばんの薬だと言われています。『ステージ4』でも、プロレスをやる。がんで苦しんでいる人たちに、少しでも勇気、希望を与えたい」とセブンは意気込んでいる。

最終更新:6/20(水) 9:39
スポーツ報知