ここから本文です

セバスチャン・バック「アルバム作っているけど、まだ時間がかかる」

6/20(水) 16:59配信

BARKS

セバスチャン・バックは、2014年にリリースした『Give 'Em Hell』に次ぐニュー・アルバムの制作に取り掛かっているが、ライブが多いため、完成まではまだ時間がかかるそうだ。

◆セバスチャン・バック画像

彼は、ラジオ番組『The Metal Command』でこう話した。「ニュー・アルバム、作ってるよ。ああ、やってる。でも、ライブが多すぎて、すぐにってわけにはいかない。悪いな」「でも、取り掛かってるよ。ジョン5からの曲がいくつか、それにスティーヴ・スティーヴンスのホントにヘヴィな曲やデヴィン(・ブロンソン)からのもある」

セバスチャンはまた、ライブではスキッド・ロウ時代の曲を聴きたがるオーディエンスが多いため、新しい曲をセットリストに入れるのは難しいと話した。「(スキッド・ロウ初期の曲と)競うのは大変だよ。みんな、あれを聴きながら育ってるんだから。だから、あれらのアルバムに立ち向かうっていうより、みんなの思い出に勝らなきゃいけないわけだ。スキッド・ロウの1stアルバムが出たとき、何をしていたかとか、そんなのとやり合うのは難しいよ。みんな、思い出を大切にしてるから、それ以上のものは想像しづらいわけだ」

ヒット曲があればあるほど、ライブではどうしても新曲は盛り上がりに欠けるが、セバスチャンは新曲を作り続けるのを断念する気はないそうだ。「俺はいつだって、自分が愛するアルバムを作ってきた。全てのキャリアでだ。スキッド・ロウの1stから『Give ‘Em Hell』まで俺は全アルバムを愛している。じゃなきゃリリースしない。ミュージシャンとしてできるのはそれが全てだ。自分が愛するものを作り、他の人も気に入ってくれることを願う」

Ako Suzuki

最終更新:6/20(水) 16:59
BARKS