ここから本文です

日本は難民とどう向き合えばいいのか 難民申請は過去最多に

6/20(水) 12:06配信

BuzzFeed Japan

増え続ける世界の難民数と日本での申請

6月20日は世界難民の日。戦乱や迫害などにより自宅を追われた人は2017年末で6800万人を超える。日本での難民申請も年々増え、2017年は過去最高の19623人となった。

メディアの写真はたいてい既視感を与えるものばかり だから彼は新しい土地で懸命に生きる人の痛みや望みを写真に収めた

日本は難民と、そして外国人とどう向き合うべきなのか。NPO法人「難民支援協会」の野津美由紀さんに聞いた。【BuzzFeed Japan/貫洞欣寛】

極端に少ない日本の難民受け入れ

日本は難民条約を批准している。国際的な条約に従って、難民を受け入れる意思を示している国の一つということだ。日本は条約を批准した際、地理的条件を問わないと宣言しており、制度上は世界どこの難民も受け入れることになっている。

以下は2016年の状況をG7諸国で比較したグラフだ。

G7諸国の中で日本の認定率は際立って低い。なおこの年、隣の韓国は57人を受け入れ、認定率は1%だった。

「難民をどうするか、その政治的意思がない」

なぜ日本の難民認定数は少ないのか。

野津さんは「紛争や迫害を逃れた難民を受け入れようという、政治的意思がないことが、そもそもの原因」と指摘する。

日本が難民条約に加盟することを国会で承認したのは1981年。野津さんは、その理由は「外圧」だったと説明する。

1975年にベトナム戦争が終わると、共産政権による南北ベトナム統一で迫害された人々が大量にベトナム国外に逃れた。当時はベトナムだけでなく、カンボジア、ラオスなどインドシナ各地で混乱が続き、多くの人々が難民となった。

特に注目を集めたのは、小舟で南シナ海に逃れ、通りがかる貨物船やタンカーに救助される、いわゆる「ボートピープル」だ。

ベトナムの共産政権などを逃れた人々がボートピープルとなり、周辺国や日本にたどり着いた。

外圧で始まったインドシナ難民受け入れ

日本は当初、こうした難民の定住を受け入れず、主に米国に送っていたが、やがて米国などから「経済大国である日本も難民を受け入れるべきだ」と求められるようになった。

こうした外圧を受け、日本は1978年にまず、ベトナム難民に定住許可を出すことを閣議了解した。日本は当時まだ難民条約に加入しておらず、条約に基づく受け入れとは別に、政治主導でつくられた枠組みで行われた。受け入れ枠を順次広げた結果、約1万1000人のインドシナ難民を受け入れた。神奈川県大和市などに定住促進センターがつくられた。

だが、インドシナ情勢が落ち着くとともに、今度は出稼ぎなど経済的な理由による流出が目立つようになり、1989年からは個別に難民としての要件を満たしているかどうかを審査(スクリーニング)するようになり、インドシナ難民の受け入れは激減した。

アフガニスタンやシリアをはじめ、難民はその後も世界各地で発生し続け、その数は年々増加傾向にある。しかし「インドシナ難民受け入れ以降、日本では難民をどうするかという議論がないままの状況が続いている」と野津さんは語る。

1/6ページ

最終更新:6/20(水) 12:06
BuzzFeed Japan