ここから本文です

小島よしお、念願の教師役も後悔「教員免許取っておけば」【動画付き】

6/20(水) 18:32配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 ピン芸人の小島よしお(37)が20日、都内で行われた『イトーヨーカドー 2019 ランドセル』記者発表イベントに出席。夢だったいう「小学校の先生」役に挑戦した小島は、大勢の子どもたちを前にお笑いの授業を行った。

 小島は、早稲田大学教育学部国語国文学科を卒業しており、国語の先生になりたかったというが、在学中にすでにお笑いの道を志しており、教員免許は取得しておらず「いま考えれば教職の免許取っておけば良かったな」と後悔。 念願の小島先生として、いつもの海パン1枚の姿ではなく、スーツでビシッとキメてイベントに登場し「スーツで来たことによって、子どもたちが誰かわかってない。裸のお兄さんだよー」と全力でアピールした。

 「どうやったら人気者になれるか」をテーマに授業を開始。生徒役の子どもたちに小島のギャグを人前でやる課題を課すが、誰も乗り気になれず。精一杯の説得で生徒全員が何とかギャグを披露すると、「最初は誰もやってくれないんじゃないってドキドキした」と胸をなでおろし「いろんなことに恥ずかしがらずにチャレンジして欲しい」と笑いなしの真面目なメッセージを送っていた。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:6/20(水) 18:32
オリコン