ここから本文です

ミリスタ1年目中根が力投 初登板初先発初勝利

6/20(水) 1:38配信

北國新聞社

 ルートインBCリーグ(19日)石川ミリオンスターズは金沢市民野球場で滋賀ユナイテッドBCと対戦し、10―5で勝利を収めて前期最終戦を白星で飾った。

 石川は初登板初先発した今季入団の中根彬が初勝利を挙げた。20歳の中根は五回表に4―4の同点に追い付かれたが、その裏、味方打線が2死二、三塁から4連続四球と神谷塁の適時打で一挙5点を奪って勝ち越した。中根は笑顔を見せながらも「球数が多く、ボールが先行して打たれた。次はきっちり投げきる」と反省を忘れず、武田勝監督は「後期が楽しみになってきた」と新戦力に期待を寄せた。

 初回に先制二塁打を放った金山開は大阪府八尾市出身で「きのうの地震にびっくりした。家族みんなが無事でホッとした」そうで、「きょうは中根を早めに援護したかった」と会心の当たりに得意満面だった。

北國新聞社

最終更新:6/20(水) 1:38
北國新聞社

あなたにおすすめの記事