ここから本文です

スポーツ振興で協定締結

6/20(水) 16:33配信

北國新聞社

 石川県は20日、県内スポーツの振興に向け、6競技の地元スポーツチームと包括連携協定を締結した。トップ選手を迎えたスポーツ教室などを通じて県内のスポーツ人口拡大、競技力向上を目指す。

 協定を結んだのは、ツエーゲン金沢(サッカー)、石川ミリオンスターズ(野球)、金沢武士団(サムライズ)(バスケットボール)、北國銀行ハニービー(ハンドボール)、PFUブルーキャッツ(バレーボール)、金沢学院クラブ(バドミントン)。

 県庁で行われた締結式では、各チームの代表者が谷本正憲知事と協定書を交わし、「青少年育成、スポーツ文化発展に貢献したい」などと意欲を語った。谷本知事は「スポーツの裾野拡大、高みを目指す選手の発掘に6チームと一体となって進めていきたい」と期待を込めた。

北國新聞社

最終更新:6/20(水) 16:33
北國新聞社