ここから本文です

日本の次戦の相手セネガルが勝利…ポーランドは終盤に猛攻も追いつけず

6/20(水) 1:54配信

SOCCER KING

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦が19日に行われ、ポーランド代表とセネガル代表が対戦した。

【動画】アルゼンチン代表のファンはメッシのPK失敗を許せるのか?

 ポーランドは絶対的エースでキャプテンのロベルト・レヴァンドフスキが最前線に入る4-2-3-1の布陣で臨む。対するセネガルは4-4-2のシステム。サディオ・マネは2列目の左サイドに入った。

 38分、セネガルは左サイドから攻撃を仕掛けると、マネのパスを受けたイドリッサ・ゲイェが右足を振り抜く。このシュートがチアゴ・チョネクに当たってコースが変わり、ゴールネットに吸い込まれた。前半はセネガルの1点リードで折り返す。

 後半に入り60分、大きなクリアボールが前線まで届くと、エムバイェ・ニアンが飛び出してきたGKヴォイチェフ・シュチェスニーをかわし、無人のゴールに流し込んだ。対するポーランドは終了間際の86分、カミル・グロシツキのFKをグジェゴシュ・クリホヴィアクが合わせて1点差に詰め寄ったが、試合は1-2で終了した。

 グループHの次戦は24日、ポーランドはコロンビア代表、セネガルは日本代表と対戦する。

【スコア】
ポーランド代表 1-2 セネガル代表

【得点者】
0-1 38分 オウンゴール(チアゴ・チョネク/セネガル)
0-2 60分 エムバイェ・ニアン(セネガル)
1-2 86分 グジェゴシュ・クリホヴィアク(ポーランド)

SOCCER KING

最終更新:6/20(水) 2:02
SOCCER KING