ここから本文です

ラグビー日本代表立川がジョージア戦で完全復活期す

6/21(木) 15:43配信

チケットぴあ

6月21日、『リポビタンDチャレンジカップ2018』第3戦・ジョージア戦に臨む日本代表の試合登録メンバーが発表された。イタリアとの2連戦を1勝1敗で終え、次戦で6月のテストマッチ勝ち越しを目指す。日本代表のメンバーは以下の通り。

1稲垣啓太(パナソニック)、2堀江翔太(パナソニック)、3具智元(ホンダ)、4アニセ サムエラ(キヤノン)、5真壁伸弥(サントリー)、6リーチ マイケル(東芝)、7布巻峻介(パナソニック)、8アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム)、9流大(サントリー)、10田村優(キヤノン)、11山田章仁(パナソニック)、12立川理道(クボタ)、13ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ)、14レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ)、15野口竜司(パナソニック)、16庭井祐輔(キヤノン)、17石原慎太郎(サントリー)、18浅原拓真(東芝)、19ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ)、20姫野和樹(トヨタ自動車)、21西川征克(サントリー)、22田中史朗(パナソニック)、23松田力也(パナソニック)

イタリアとの2連戦から6名先発を変更した。LO真壁、FL布巻、WTB山田、CTB立川、FB野口が新たにスタメンに名を連ね、SHは流と田中、先発とベンチが入れ替わったのだ。また31歳のFL西川はベンチから代表初キャップの時を待つ。

4月に右ひざの手術を行い、5月下旬・6月上旬にサンウルブズで『スーパーラグビー2018』に参戦後、日本代表に合流してきた立川は「コンディションはもう完璧」と笑う。「僕はいつでも準備OK。僕ら遅れてきたメンバーは日々の練習からしっかりとアピールしている。いいコンディショニングはできている」とキッパリ。さらに「ヒザの不安も取れた。ブランビーズ戦では久々のフル出場で、久々の12番だったが、自分の中の感覚は戻ってきた。今の段階でコンディションはいい。いち早く試合に出たい」とテストマッチを渇望する。桜のジャージに身をまとえば、やることは決まっている。「ボールを持った時には相手の脅威になる、相手ボールの時はディフェンスをリードする。そこは自分の強み。アピールしたい」と意気込んだ。

ジェイミー・ジョセフヘッドコーチも「今回のゲームは“決戦”だと言い続けている。前回の敗戦を、選手たちが強い精神力をもって乗り越えてくれるのか、やり返してくれるのか」と選手たちの成長に期待する。

『リポビタンDチャレンジカップ2018』第3戦・日本代表×ジョージア代表は6月23日(土)・豊田スタジアムにてキックオフ。チケット発売中。

最終更新:6/21(木) 15:43
チケットぴあ