ここから本文です

今年の新人王争いはいかに 最近10年の傾向

6/21(木) 14:00配信

デイリースポーツ

 プロ野球のリーグ戦が22日から再開する。主な新人選手のここまではオリックス・田嶋大樹投手(ドラフト1位)、DeNA・東克樹投手(ドラフト1位)、ロッテ・藤岡裕大内野手(ドラフト2位)らの活躍が目立つ。そこで過去の新人王選手の傾向や高校、大学出身者かなどをたどる。(敬称略、データは共同通信デジタル)

【写真】育成の星・松本哲也が引退表明、09年新人王は「自分が少しでも励みになれば」

 まず両リーグ過去10年の新人王を振り返る。(・受賞年…選手名(球団)高、大、社会人出身からのプロ年数(ドラフト年度と順位))

 【セ・リーグ】

・08年…山口鉄也投手(巨人)高卒3年目(05年度育成ドラフト1巡目)

・09年…松本哲也外野手(巨人)大卒3年目(06年度育成ドラフト3巡目)

・10年…長野久義外野手(巨人)社会人1年目(09年度ドラフト1位)

・11年…沢村拓一投手(巨人)大卒1年目(10年度ドラフト1位)

・12年…野村祐輔投手(広島)大卒1年目(11年度ドラフト1位)

・13年…小川泰弘投手(ヤクルト)大卒1年目(12年度ドラフト2位)

・14年…大瀬良大地投手(広島)大卒1年目(13年度ドラフト1位)

・15年…山崎康晃投手(DeNA)大卒1年目(14年度ドラフト1位)

・16年…高山俊外野手(阪神)大卒1年目(15年度ドラフト1位)

・17年…京田陽太内野手(中日)大卒1年目(16年度ドラフト2位)

 【パ・リーグ】

・08年…小松聖投手(オリックス)社会人2年目(06年度希望枠)

・09年…摂津正投手(ソフトバンク)社会人1年目(08年度ドラフト5位)

・10年…榊原諒投手(日本ハム)大卒2年目(08年度ドラフト2位)

・11年…牧田和久投手(西武)社会人1年目(10年度ドラフト2位)

・12年…益田直也投手(ロッテ)大卒1年目(11年度ドラフト4位)

・13年…則本昂大投手(楽天)大卒1年目(12年度ドラフト2位)

・14年…石川歩投手(ロッテ)社会人1年目(13年度ドラフト1位)

・15年…有原航平投手(日本ハム)大卒1年目(14年度ドラフト1位)

・16年…高梨裕稔投手(日本ハム)大卒3年目(13年度ドラフト4位)

・17年…源田壮亮内野手(西武)社会人1年目(16年度ドラフト3位)

 傾向としては、受賞者のポジションが投手中心ということ。セは10人中6人。パは10人中9人が投手で、昨年の源田まで9年連続で投手からの選出だった。また、セは11年の沢村から昨年の京田まで7年連続で大卒1年目。一方、パは大卒と社会人出身者が5人ずつとなる。昨年はセパ共に遊撃手からの選出となった。

 今季6月20日時点での主な新人選手の成績を見てみると、JR東日本出身の田嶋は11試合で6勝3敗、防御率3・86。立命大出身の東は11試合で5勝3敗、防御率2・61となっている。

 野手では、トヨタ自動車出身の藤岡裕が全63試合で先発出場し打率・259、3本塁打、24打点。ここまで8盗塁。日本生命出身のDeNA・神里(ドラフト2位)は56試合で打率・271、4本塁打、15打点。リーグ3位タイとなる13盗塁をマーク。存在感を見せている。(デイリースポーツ・記録部)