ここから本文です

【阪神】守備の“ミス”の後は同点ソロの「糸井劇場」で今季初のドロー

6/21(木) 23:40配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 阪神3―3オリックス=延長12回規定により引き分け=(21日・甲子園)

 評価の難しい引き分けだった。阪神の交流戦最終戦は、延長12回の末、3―3の今季初ドロー。試合後の金本監督は「う~ん。どうだろ。前向きに捉えましょうか。よく追いついたので」と苦笑。“自作自演”の総力戦に持ち込んだ糸井は、悔しそうにロッカールームへ引き揚げた。

 ハンパない「糸井劇場」だった。1点ビハインドの6回2死二、三塁、右前2点適時打で、ドラフト1位ルーキーの馬場にデビュー戦白星の権利を与えた。だが、同点の8回2死二塁の右翼の守備では、吉田正の低いライナーにいったん前進しながら、頭を越されて、勝ち越し三塁打としてしまった。しかし、9回無死、増井から豪快な同点10号ソロ。全3打点をたたき出し、守備の“ミス”を帳消しとした。指揮官も「(8回のは)難しい打球。前進守備で外野手は、二塁ランナーを帰したくないから、気持ちが前に出る」とかばった。

 雨天中止の翌戦は8勝1分けとなり、無敗データは継続。負ければ今季ワーストの借金4で、5位転落となるところで踏ん張った。22日からは首位・広島との3連戦となるが、救援陣はドリス、マテオを欠く中、能見がイニングまたぎで、藤川も2イニング投げた。疲労困ぱいの中でリーグ戦に突入する。

最終更新:7/14(土) 4:19
スポーツ報知