ここから本文です

京急「花電車」再現! 都営浅草線との相互直通運転50周年で記念式典

6/21(木) 18:02配信

乗りものニュース

京急が都心直通目指して地下鉄乗り入れ

乗りものニュース

 京急線と都営浅草線は2018年6月21日(木)、相互直通運転の開始から50年を迎えました。両線を運営する京急電鉄と東京都交通局は同日、京急線の品川駅(東京都港区)で「相互直通50周年記念式典」を実施。6両編成の京急1500形電車を使った「花電車」を披露しました。

この記事の画像をもっと見る(17枚)

 都営浅草線は、東京都が一番最初に建設した地下鉄路線です。押上~泉岳寺~西馬込間の18.3kmを結び、押上駅で京成線、泉岳寺駅で京急線と接続しています。

 京急と京成は終戦直後、東京駅など都心に乗り入れる路線を計画。一方で東京都も都営地下鉄の建設を目指していたため、京急、京成と都は計画の競合で対立しました。1955(昭和30)年、運輸大臣が都市交通審議会を設置して関係者間の調整が行われ、最終的には都が都心区間に地下鉄を建設することが決定。その一方、京急と京成は都が建設した地下鉄に乗り入れることで、都心直通を実現することにしたのです。

逆三角形の記念ヘッドマークも再現

 まず1960(昭和35)年12月4日、都営1号線(現在の都営浅草線)の押上~浅草橋間が開業し、京成線との相互直通運転が始まりました。その後も順次延伸され、いまから50年前の1968(昭和43)年6月21日、泉岳寺駅に到達。同時に京急も品川~泉岳寺間の乗り入れ線を開業し、京急線~都営浅草線~京成線の3社局直通運転が始まりました。

 この品川~泉岳寺間の開業時に行われた記念式典で登場したのが「花電車」。車両の前面を花で装飾し、「都心乗入線開通」の文字が入った逆三角形のヘッドマークが取り付けられました。

 今回披露された1500形の「花電車」は、品川~泉岳寺間の開業時に披露された花電車を模したもの。花の装飾は下半分だけでしたが、逆三角形のヘッドマークを忠実に再現したほか、列車番号や行き先の表示も50年前の「花電車」にあわせました。記念式典は6月21日の11時から、品川駅の3番線ホームで開催。12時からは「花電車」の一般公開も始まり、相互直通運転が始まったころのポスターなどが横浜寄り1両目の車内で展示されました。

 都営浅草線と京急線、京成線の相互直通運転は、その後も直通の範囲が順次拡大。北総鉄道の電車も都営浅草線に乗り入れて、東京都心と千葉ニュータウンを直結するルートが構築されました。いまでは成田空港と羽田空港を結ぶ空港アクセスルートとしても成長しています。

草町義和(鉄道ライター)

あなたにおすすめの記事