ここから本文です

東京都議会史上初 手話で議員が質問

6/21(木) 22:54配信

TOKYO MX

TOKYO MX

 東京都議会で、議員が手話を使って小池知事に質問しました。東京都議会局によりますと、手話による質問が行われたのは都議会史上初めてのことです。

 6月20日に行われた都議会の一般質問で、「かがやけTokyo」の音喜多駿都議は「東京都は広域自治体として、特別支援学校などの教育機関を所管している。手話そのものを母語として学ぶ機会の環境整備に注力すべき」と、手話をしながら質問し、言語としての手話を学ぶ機会を東京都として整備すべきと小池知事に求めました。これに対し、小池知事は「都は手話通訳の養成、初心者から指導者まで手話を学ぶ講習会、外国語手話講習会の実施、大学生向けの手話普及イベントの開催など、手話の獲得・普及に向けたさまざまな取り組みを展開している」と答弁しました。

 音喜多都議は1カ月前から専門家による指導を受け、手話を身に付けたということです。

最終更新:6/21(木) 22:54
TOKYO MX