ここから本文です

初心者&上級者も! スマホ連携で対戦できるルービックキューブ「GoCube」

6/21(木) 21:00配信

bouncy

「ルービックキューブは一度も6面をそろえたことがない」という人から、ギネス世界記録に迫る速度で6面を完成させる剛の者まで、誰でも楽しめるIoTルービックキューブ「GoCube」。スマホと連携して完成指南からタイムアタックなど、さまざまな機能を搭載しているのだ。

手に入る?

「GoCube」は、Kickstarterでプロジェクトをスタートしている。すでに目標金額の10倍以上を集める人気っぷりで、プロジェクトは成功済みだ。

69ドル(約7,600円)の「GoCube + Stand Early Bird」プランに出資すると、GoCube本体と充電スタンドのセットを入手可能。日本への送料は7ドル(約770円)となっており、製品は2019年3月に発送される予定だ。

もっと詳しく

スマホと連携する「GoCube」。本体にセンサーを内蔵しており、キューブを組み替えた動きがリアルタイムでアプリに反映される仕組み。これにより、以下の4つの機能を楽しむことが可能だ。

Learn(学ぶ)
6面を完成させるまでの手順がアプリに表示され、実際にGoCubeを動かして練習することが可能。

Improve(上達)
ミッションをプレイしてルービックキューブ完成の腕を磨いたり、GoCubeをコントローラーとして使うミニゲームをプレイできる。

Battle(対戦)
隣にいる友達と対戦や、世界中のプレイヤーとマッチして対戦が可能。世界ランキングボードも用意されており、勝ち続ければ世界一のプレイヤーになれるかも?

Play(遊ぶ)
1人でプレイして、6面完成までのタイムが記録される。なお、ギネス世界記録のタイムは「4.22秒」とのこと。世界のどこかでひっそりと、ギネス世界記録が破られることも起こりえる。

バッテリーは遊び方によって寿命が異なるが、3~30時間持続する。また、アプリと連携しなくても単体で遊ぶことが可能で、データは内部に記録される。次回にアプリと接続するとデータはアプリに移行されるようだ。

なお、ハイエンドモデルとして「GoCube Edge」も用意されている。2つの違いはキューブを動かした時のセンサーの反応速度で、GoCubeは0.250秒なのに対して、GoCube Edgeは0.001秒と高精度となっており、コンマ以下の速度を争う上級者向けのモデルとなっている。

1/2ページ

最終更新:6/21(木) 21:00
bouncy

Yahoo!ニュースからのお知らせ