ここから本文です

【映像】「私はどうでもいいけど…」 メラニア夫人のジャケット

6/22(金) 12:10配信

AP通信

ワシントン特別区、6月22日 (AP)― メラニア・トランプ米大統領夫人は6月21日、南部テキサス州マッカレンにある不法移民の親から引き離された子どもらを収容する施設を訪問したが、ワシントン郊外の空軍基地から出発する際と、同基地に帰着した際にメラニア夫人が着用していたジャケットが論議を呼んでいる。
 オリーブグリーンのフード付き、膝上丈のミリタリースタイル・ジャケットの背中には、グラフティ風の文字で「私はどうでもいいけど、あなたは?」と白地でプリントされている。これについて、メラニア夫人のステファニー・グリシャム広報担当官は「ただのジャケットで、特に隠された意味はない」と答えた。
 メラニア夫人は、テキサス州に到着した際はクリーム色のジャケットに着替えており、予告なしの訪問だったにもかかわらず、保護施設の職員やケースワーカーから温かい歓迎を受けた。
 施設には、主にグアテマラからの移民の子ども58人が収容されており、12歳から17歳までの子どもらは、親の移民審査が終わるまで平均42~45日間ここで暮らすことになる。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:6/22(金) 12:10
AP通信