ここから本文です

トヨタ新型「センチュリー」21年ぶりに全面刷新 V12エンジン廃止し初のHV搭載

6/22(金) 13:30配信

くるまのニュース

3代目センチュリーはハイブリッド化

 トヨタは、最上級セダン「センチュリー」を21年ぶりにフルモデルチェンジし、3代目として6月22日(金)に発売します。先代モデルの5リッターV型12気筒エンジンから、5リッターV型8気筒エンジンにハイブリッドシステムを搭載したモデルにパワートレインも大きく変わります。ちなみに初代センチュリーは、トヨタグループ創業者・豊田佐吉さんの生誕100周年を記念し、1967年に発売されました。

新型「センチュリー」の詳細を画像で見る(24枚)

 今回のフルモデルチェンジでは、「継承と進化」を開発テーマとし、ハイブリッド化による高い環境性能と新しい魅力を付与した内外装のデザインや先進・快適装備の採用。さらに、乗り心地・静粛性・走行安定性などを一段と向上させています。

 新型センチュリーは、外装デザインが一新され、サイドから見た部分では、ドアノブ上部のサイドラインに「几帳面」と呼ばれる平安時代の屏障具(へいしょうぐ)の柱にあしらわれた表面処理技法を採用。センチュリーの象徴でもある「鳳凰」エンブレムは、トヨタ社内の工匠(こうしょう)が約1か月半かけて作りこむなど細部にわたり手が施されています。

 新型「センチュリー」の室内空間は、先代モデルよりホイールベースが65mm延長され、後席スペースの拡大に活かすことで乗員の膝まわりや足元のに十分な余裕を持たせているほか、後席のフロア段差を15mm下げることにより、乗り降りのしやすさも向上させています。

 さらに、後席用の無段階調整可能な電動オットマンや座り心地を追求したリフレッシュ機能付電動シートの採用。後席アームレストの7インチタッチパネル上では、オーディオ・エアコン・シート・リフレッシュ機能・カーテンなどを一括で操作が可能です。

 新型「センチュリー」のパワートレインは、5リッターV型8気筒エンジンにハイブリッドシステムを新搭載。新開発のタイヤやサスペンションの細部まで改良し、スムーズで余裕のある走りを実現させるとともに高い環境性能を両立させています。エンジンとモーターを合わせた最高出力は431馬力を誇り、走行燃費は13.6km/L(JC08モード)です。
 
 先進安全装備は、トヨタセーフティーセンスを新搭載したほか、隣車線の死角を走る車両を検知する「ブラインドスポットモニター」や周辺状況を検知して駐車支援する「パーキングサポートアラーム」を採用しています。

 新型「センチュリー」の価格は、1960万円(税込)です。

くるまのニュース編集部

あわせて読みたい