ここから本文です

杉田祐一 ストレート負けで4強ならず、世界109位に屈する<男子テニス>

6/22(金) 20:33配信

tennis365.net

ゲリー・ウェバー・オープン

男子テニスのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)は22日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク52位の杉田祐一は同109位のD・クドラ(アメリカ)に2-6, 5-7のストレートで敗れ、ベスト4進出とはならなかった。

【錦織 杉田を評価「30・20位」】

2回戦で第3シードのD・ティーム(オーストリア)を破る金星をあげた杉田は、この日クドラの強烈なフォアハンドのストロークに押されて第1セットを落とす。

第2セットは第2ゲームでパッシングショットなどを決めた杉田がラブゲームでブレークに成功。しかし第9ゲームでブレークバックされると、第11ゲームではダブルフォルトが影響してクドラに再びブレークを許す。その後、第12ゲームをサービスキープされ、準々決勝で力尽きた。

一方、勝利したクドラは準決勝で、第1シードのR・フェデラー(スイス)と世界ランク60位のM・エブデン(オーストラリア)の勝者と対戦する。

最終更新:6/22(金) 20:34
tennis365.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ