ここから本文です

14年目が終了…交流戦の“通算順位”は?

6/22(金) 12:06配信

ベースボールキング

初の200勝、200敗チームが誕生

 6月21日、甲子園球場で行われた阪神-オリックスの一戦をもって2018年のセ・パ交流戦は全日程を終了した。

 今年は特に悪天候による中止が多く、22日からすぐにリーグ戦が再開と慌ただしい流れになっている。一時はダブルヘッダーの開催が噂されるなど、期間中に終わることができるかどうかも危ぶまれていただけに、なんとか消化しきれたという印象だ。

 2005年から始まった交流戦も今年で誕生から14年。その間には試合数の増減をはじめとする様々なレギュレーションの変更があったが、これまでの14年間でどのチームが交流戦に強く、どのチームが交流戦で苦戦を強いられてきたのだろうか。今回は各球団の14年間通算の戦績を調べてみた。

交流戦・各球団の通算成績(上位)

1位 .627 ソフトバンク
☆通算:203勝121敗12分
-vs.広:35勝17敗4分(.673)
-vs.De:39勝16敗1分(.709)
-vs.巨:34勝22敗0分(.607)
-vs.神:30勝23敗3分(.566)
-vs.ヤ:34勝20敗2分(.630)
-vs.中:31勝23敗2分(.574)


2位 .547 ロッテ
☆通算:176勝146敗14分
-vs.広:31勝22敗3分(.585)
-vs.De:32勝23敗1分(.582)
-vs.巨:32勝21敗3分(.604)
-vs.神:24勝27敗5分(.471)
-vs.ヤ:28勝28敗0分(.500)
-vs.中:29勝25敗2分(.537)


3位 .546 日本ハム
☆通算:178勝148敗10分
-vs.広:33勝22敗1分(.600)
-vs.De:33勝22敗1分(.600)
-vs.巨:25勝29敗2分(.463)
-vs.神:29勝26敗1分(.527)
-vs.ヤ:28勝25敗3分(.528)
-vs.中:30勝24敗2分(.556)


4位 .520 巨人
☆通算:170勝157敗9分
-vs.西:33勝22敗1分(.600)
-vs.日:29勝25敗2分(.537)
-vs.ソ:22勝34敗0分(.393)
-vs.オ:31勝22敗3分(.585)
-vs.ロ:21勝32敗3分(.396)
-vs.楽:34勝22敗0分(.607)


5位 .508 西武
☆通算:167勝162敗7分
-vs.広:24勝30敗2分(.444)
-vs.De:31勝24敗1分(.564)
-vs.巨:22勝33敗1分(.400)
-vs.神:30勝26敗0分(.536)
-vs.ヤ:34勝21敗1分(.618)
-vs.中:26勝28敗2分(.481)


6位 .500 中日
☆通算:163勝163敗10分
-vs.西:28勝26敗2分(.519)
-vs.日:24勝30敗2分(.444)
-vs.ソ:23勝31敗2分(.426)
-vs.オ:33勝22敗1分(.600)
-vs.ロ:25勝29敗2分(.463)
-vs.楽:30勝25敗1分(.545)


 交流戦通算成績の1位はソフトバンク。これは予想通りだっただろう。なにせ14年の歴史の中で7度も最高勝率に輝いており、2011年には18勝4敗2分の勝率.818という驚異の交流戦レコードを叩き出した。

 今年は4年連続の最高勝率こそ逃したものの、きっちりと勝ち越して史上初の交流戦200勝超えを達成。ここまで交流戦で稼いだ貯金は「82」と異次元の強さを誇っている。

 以下、2位のロッテと3位の日本ハムはわずか1厘差。交流戦初代王者でもあるロッテだが、実は負け越しも4回記録するなど苦戦を強いられる年もあった。

 セ・リーグ勢では2度の最高勝率を誇る巨人が4位で最上位。中日もここ6年で4度負け越しと近年は苦しい戦いが続いているものの、通算ではちょうど勝率5割で6位にランクインした。

1/2ページ

あなたにおすすめの記事