ここから本文です

田原俊彦 古巣で相次ぐ飲酒スキャンダルに苦言

6/23(土) 18:31配信

東スポWeb

 デビュー39周年を迎えた歌手・田原俊彦(57)が23日、都内で74枚目のシングル「Escort to my world」のリリースパーティーを開催した。

 ここ2年はしっとりとしたスローテンポの曲をリリースしていたが、新曲は「アッパーチューンの盛り上がりソング」といい「来年の40周年に勢いをつけようとダンスチューンにした。ファンの皆さんも久々に暴れて踊れる」とPRした。

 往年のスーパースター“トシちゃん”の健在ぶりを見せつけるべく、得意の脚上げポーズを3回も披露。そのたびに「うわっ!」と声を上げながら、わざとらしく右太もも裏を抑える余裕ぶりで、会場を笑わせた。

 この日は、最近相次ぐ“古巣”ジャニーズの酒の席でのスキャンダルについても言及。「みんな、もう大人ですからね。やっていいこととやってはいけないことに、責任を持つべきじゃないかな」と苦言を呈した。

 一方で「僕が現役のジャニーズだったら懲役888年とか、ヘタしたら死刑になってた」と自虐的に回想すると「今のアイドルはSNSがあるせいで24時間、緊張を強いられているから大変だと思う」と同情する一幕もあった。

最終更新:6/24(日) 14:53
東スポWeb