ここから本文です

山県が大会記録タイの10秒05で5年ぶりV、アジア大会代表内定…100M決勝

6/23(土) 22:23配信

スポーツ報知

◆陸上 日本選手権 第2日(23日、山口・維新みらいふスタジアム)

 男子100メートル決勝で、16年リオ五輪400メートルリレー銀メダルの山県亮太(26)=セイコー=が大会記録に並ぶ10秒05で5年ぶりに優勝。8月のジャカルタ・アジア大会代表に内定した。

 序盤からスムーズに加速し、中盤以降は桐生、ケンブリッジらに追随を許さなかった。「最高にうれしい。混戦になると思っていた。中盤あたりで抜けているのが分かって、勝てるかもと思った」と興奮気味に振り返った。

 中盤は手応えを得ていた部分だ。自己ベスト10秒00を出した昨年9月の全日本実業団対抗(ヤンマー)以降、脚の運びに注意を配り「中盤で力をうまくもらいながら加速するのを大事にしている。それが今の強みになっている」と話す。

 アジア大会では100メートル、400メートルリレーで表彰台を目指す。最大のライバルとなる中国勢は今季絶好調。蘇炳添が、22日にオグノデ(カタール)に並びアジア最高記録の9秒91をマーク。謝震業も19日に9秒97を出し、9秒台スプリンターの仲間入りを果たしている。山県も今大会の9秒台はお預けとなったが、大一番での強さを証明。2万人超の山口のファンへ、熱狂の10秒間を贈り「次はアジア1を目指したい」と爽やかに宣言した。

最終更新:6/24(日) 10:07
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ