ここから本文です

集団レイプの男5人を保釈、スペイン各地で抗議デモ

6/23(土) 14:27配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【6月23日 AFP】スペイン各地で22日、2年前に北部パンプローナ(Pamplona)で牛追い祭り「サン・フェルミン祭(San Fermin Festival)」の最中に女性を集団レイプし、性的虐待の罪で禁錮9年の実刑判決を受けた男5人が保釈されたことを受けて、裁判所の決定に抗議するデモが前日に続いて2日連続で行われた。

 メッセージサービスの「ワッツアップ(WhatsApp)」で「ラ・マナダ(La Manada、「一味、群れ」の意)」と名乗っていた27~29歳の男たちは2016年7月7日、サン・フェルミン祭初日に当時18歳だった女性を集団レイプした罪に問われていた。裁判所は今年4月、男5人に対し、本件では「暴力や脅迫」は認められなかったと判断して強姦罪を含めた性的暴行の罪に関しては無罪とし、より罪の軽い性的虐待の罪で禁錮9年を言い渡したが、男たちは量刑を不服として上訴していた。

 パンプローナの裁判所は21日、保釈金6000ユーロ(約77万円)で上訴の判決が出るまでの保釈を命じた。

 22日夕方、5人が2年近く勾留されていた刑務所を出ると、マドリード中心部の司法省前で抗議デモが行われ、さまざまな年齢層の人々が多数参加。男たちの出身地の南部セビリア(Seville)やパンプローナ、グラナダ(Granada)などの都市でも抗議デモが行われ、パンプローナのデモでは、参加者らが市庁舎前で「駄目なものは駄目。報いを!」と書かれた大きな横断幕を掲げた。裁判所が保釈決定を出した後の21日にも、パンプローナをはじめ、ビルバオ(Bilbao)、バルセロナ(Barcelona)などの各都市でデモが行われた。

 マドリードのデモ参加者(60)は、「禁錮9年の判決を受けているのに保釈されるのは公正ではない。彼らはもうすぐ始まるサン・フェルミン祭にまた行くことだってできてしまう」と話した。サン・フェルミン祭は1週間にわたって開催され、期間中は街には数万人の観光客が訪れる。今年は7月6日に開幕する。映像はマドリードで行われたデモ。(c)AFPBB News

最終更新:6/23(土) 16:06
AFPBB News

Yahoo!ニュースからのお知らせ