ここから本文です

原油の生産量を増産で合意 ガソリン価格“値下がり”か

6/23(土) 13:00配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

OPEC(石油輸出機構)は22日の総会で、原油の生産量を増やすことで合意した。

ガソリン価格の値下がりにつながる可能性がある。

OPECは22日、オーストリアのウィーンで総会を開き、ロイター通信によると、7月から原油の生産量を1日あたり100万バレル増やすことで合意した。

OPEC加盟国と非加盟国のロシアなどは、中東情勢への懸念から原油価格が高騰したことで、増産をめぐって協議してきた。

レギュラーガソリンの小売価格は、全国平均で1リットルあたり152円に達するなど、家計への影響が懸念されたが、原油増産の合意で、ガソリン価格の値下がりが期待される。

FNN

最終更新:6/23(土) 13:00
ホウドウキョク

Yahoo!ニュースからのお知らせ