ここから本文です

証言を“不利にしない” 刑事免責を初適用で判決

6/23(土) 13:17配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

刑事免責制度が初めて適用された裁判で、有罪判決が言い渡された。

中国籍の林伯珠被告(22)は、中国から覚醒剤を密輸した罪に問われ、無罪を主張している。

この裁判では、証人に対して、不利な証拠として使わない代わりに、証言を強制する刑事免責制度が初めて適用され、共犯で中国籍の陳豪超被告(24)が証人として出廷した。

陳被告は証人尋問で、覚醒剤が入った郵便物について、「林被告から、『忙しいので代わりに取りに行ってほしい』と言われた」と証言した。

判決で東京地裁は、覚醒剤密輸の故意と共謀を認め、林被告に懲役8年を言い渡した。

FNN

最終更新:6/23(土) 13:17
ホウドウキョク