ここから本文です

阪神 今季初の5連敗で単独最下位 5点差追いつくも…守護神ドリスが火だるま

6/24(日) 18:04配信

デイリースポーツ

 「阪神6-11広島」(24日、甲子園球場)

 阪神が首位・広島に同一カード3連戦3連敗を喫し、引き分けを挟んで今季ワーストの5連敗となった。借金も最多の6。一時は5点差を追い付いたが、あと一歩及ばず競り負けた。最後はドリスが鈴木に満塁本塁弾を浴びた。広島との差は7・5に広がり、ヤクルトが勝ったため、単独最下位に転落した。

【写真】「許せない」金本監督が鬼の形相に…

 試合は初回、先発・小野が菊池の中犠飛で先制を許したが、四回、福留の右翼ポール直撃ソロで同点に追い付いた。だが、六回だった。

 先頭の田中に四球を与えると、菊池の犠打と丸への四球で1死一、二塁。4番・鈴木を迎えた。2ボール1ストライクから4球目、直球を左前にはじき返され、勝ち越し点を許した。続く松山を迎えた場面。ベンチは岩崎への継投を選択したが、これが誤算だった。

 左翼線を破られて1点を追加されると、野間には左中間を破る適時三塁打を浴びた。さらに会沢の右犠飛でこの回計5失点。大量リードを許した。

 それでも六回、2死満塁のチャンスを作ると、代打・原口の中前適時打で2点を返した。代打で3試合連続安打。今季の代打成績は20打数10安打、7打点。打率・5割と勝負強さが光る。

 さらには七回、広島のリリーフ陣に襲いかかり、3四球で1死満塁とすると、陽川、代打・中谷の連続タイムリーで同点に追い付いた。相手投手の制球難にも助けられたが、必死の攻撃で試合を振り出しに戻した。

 さらに同点の八回、1死満塁の勝ち越し機を作ったが、福留が三邪飛に倒れると、糸井も投ゴロで好機を潰した。

 同点の九回、この日1軍復帰を果たしたドリスが登板。先頭の西川に左中間を破る二塁打を打たれると、続く代打・堂林の投前バントを、ドリスが一塁に悪送球。二走の生還を許し、あっさりと勝ち越し点を献上。さらに1死満塁と傷口を広げ、鈴木に左翼ポール直撃の満塁弾を浴びた。粘って接戦に持ち込んだが、最後に力尽きた。

 5位に並んでいたヤクルトが巨人に勝ち、阪神が単独最下位に転落。単独最下位は2016年9月18日以来、約2年ぶりの屈辱となった。休養日を挟み、26日からはDeNA、ヤクルトと横浜、神宮での6連戦。まずは連敗を止めて、敵地から反撃に転じたい。