ここから本文です

【宝塚記念】1番人気サトノダイヤモンドは6着 ルメール「4コーナーがスムーズだったら…」

6/24(日) 17:14配信

スポーツ報知

◆第59回宝塚記念・G1(24日、芝2200メートル、阪神競馬場、稍重)

 中央競馬の上半期を締めくくる夏のグランプリは、16頭によって争われた。7番人気のミッキーロケット(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)が直線で内から抜け出して、G1初制覇。騎乗していた和田竜二騎手(41)は01年の天皇賞・春(テイエムオペラオー)以来、17年ぶりのG1勝利となった。

 2着は香港から挑戦した10番人気のワーザー(ヒュー・ボウマン騎手)、3着は12番人気のノーブルマーズ(高倉稜騎手)が入り、3連単は49万2560円の高配当となった。1番人気のサトノダイヤモンド(クリストフ・ルメール騎手)は6着だった

 ルメール騎手(サトノダイヤモンド=6着)「スタートは遅かったですが、ポジションを上げていけました。ただ、4コーナーでばてた馬の後ろになったことがこたえました。そこがスムーズならと思いますが、最後の100メートルで疲れてしまった。状態はとてもよかっただけに、直線はもうちょっとゆっくり行く形だったら…」

最終更新:7/11(水) 0:26
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ