ここから本文です

「お母さん半端ないって」サッカーファンの息子に作ったお弁当がW杯級の盛り上がり!

6/24(日) 16:00配信

FNN PRIME

6月14日にロシアで開幕した2018FIFAサッカーワールドカップで、日本は初戦の相手、FIFAランキング16位の強豪コロンビアを撃破し、日本中が歓喜に沸いた。

【画像】 お弁当第2弾もリアルすぎる

試合で決勝ゴールを決め、歴史的勝利に導いた大迫勇也選手(28)。
その活躍を称賛する「大迫半端ないって」というフレーズが注目されているのはご存知の通り。

この言葉が生まれたのは、2009年1月の全国高校サッカー選手権大会でのこと。
準々決勝で大迫選手と対戦して敗れた相手チームの主将が、大迫選手のプレーのすごさを涙ながらに語った言葉だ。
「大迫半端ないって。後ろ向きのボールめっちゃトラップするもん。そんなんできひんやん、普通。言っといてや。できるんやったら」

これが大迫選手の代名詞として定着し、コロンビア戦を現地で観戦したサポーターも「大迫半端ないって」の文字と、発言した選手のイラストが描かれた旗を掲げて応援。
ネット上でも話題となり、早くも流行語大賞の候補に挙がるほど。

そして、そのブームは、サッカーファンの高校生のお弁当にも波及していた。

衝撃のキャラ弁

育ちざかりの男子高校生のお腹を満足させるサイズのお弁当箱。
その4分の3ほどを占める哀愁ただよう人物画…あの旗と同じデザインだ!

顔の皺や影、乱れた前髪、さらに「大迫半端ないって」の名言までもが、器用にカットされた海苔で再現されている。
頭上にはフライドポテトがあり、別の段にはミートボールや春巻き、野菜炒めが敷き詰められている。
しかし、そんな食欲をそそるラインナップにも目がいかないほど、似顔絵のインパクトが半端ない!

衝撃のキャラ弁をツイッターに投稿した さいとー大地@お弁当(@78q_daichi)さんは、現在高校3年生。ハンドボール部に所属しているが、サッカー好きで、地元チームの清水エスパルスのファン。

21日の昼休み。いつものように友人たちと昼食をとるべく、教室でお弁当箱を取り出した。開くと、一面にこの海苔アートが広がっていたという。
「母のセンス半端ない!」と驚いていると、友人たちも「すげぇー!」「めっちゃ似てる!」と大興奮。

そのうちの1人が投稿した「友達のお母さん半端ないってwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」という興奮気味のツイートは瞬く間に拡散され、11万を超える“いいね”を獲得している(6月24日現在)。

1/2ページ

最終更新:7/4(水) 20:56
FNN PRIME

Yahoo!ニュースからのお知らせ