ここから本文です

「BlackBerry KEY2」は何が変わった? 「KEYone」と比較してみた

6/25(月) 6:05配信

ITmedia Mobile

 今や唯一ともいえるQWERTYキーボード搭載スマートフォンを輩出し続けるBlackBerry。製品の一部はTCLが開発・製造を行っています。最新モデルの「BlackBerry KEY2」が、6月13日から15日まで上海で開催されていたCES Asia 2018のTCLブースに展示されていました。

KEYoneとKEY2の外観の違い

 BlackBerry KEY2は前モデルの「BlackBerry KEYone」とディスプレイサイズは同じ4.5型、1080×1620ピクセルで、表示エリアの大きさは変わっていません。プロセッサがSnapdragon 625から660に変更になったこと、OSがAndroid 8.1を搭載したこと、そしてメインメモリが6GBに増えたこともあって、少し触った限りではKEYoneよりも軽く動く印象です。本体のデザインもよりシャープになり、ビジネスツールっぽい上品さが増しています。

 背面も全体がマットで細かい凹凸のあるデザインに覆われ、カメラもデュアルレンズになったことで印象はかなり変わっています。本体下部の丸みもなくなり上側と同じスクエアなデザインになっています。なお左右の側面は若干カーブを描いているので、持ってみるといい具合に手になじみます。

 そしてキーボードは1つ1つが四角い形となり、断面が台形となったことでキーとキーの間に谷状の隙間が空いています。これにより、指先で2つのキーを押してしまいにくくなっています。KEYoneは複数のキーを一緒に押し込んでしまうことが多かったのですが、KEY2のキータッチ感はかなり違います。それぞれのキーをしっかり押せるので、個人的にKEY2のキータッチは気に入りました。

 そして現在KEYoneを使っているユーザーや、これからBlackBerryを買おうと考えている人にとって気になるのが両者の比較でしょう。まずサイズと重さはKEYoneが72.4(幅)×149.1(高さ)×9.4(奥行き)mm、180g。KEY2が71.8(幅)×151.4(高さ)×8.5(奥行き)mm、168g。KEY2は縦に長くなりましたが気になるほどではありません。横幅の差もほぼ感じられません。重量は片手で持ってみるとKEY2は若干軽くなったな、と実感しました。キーボード下部のベゼル部分がKEY2はより長くなっていますが、押しやすさの差は感じられませんでした。

 背面は大きなカメラレンズが片隅に配置されたKEYoneよりも、小型のデュアルレンズが横に並ぶKEY2の方が一体感があります。1200万画素+1200万画素ということでいい絵が撮れることが期待できそう。表面処理もKEYoneは細かい窪みであったのに対し、KEY2は逆の処理になっています。より密な表面仕上げですね。

 そしてキーボード。両者を比べると、断面形状と角の仕上げがかなり異なることが分かるでしょう。KEYoneは緩やかな曲面でそれぞれのキーが密着していますが、KEY2は台形で1つ1つが独立しています。キータッチは好みがあるかもしれませんが、このサイズで両手打ちするときは、KEY2の方が押しやすそうです。

 こうして比べてみると、KEY2はKEYoneをブラッシュアップさせた正当な進化モデルで、十分買い替えに値する製品といえます。日本でも発売がアナウンスされているだけに、登場が楽しみですね。

最終更新:6/25(月) 6:05
ITmedia Mobile