ここから本文です

W杯騒乱、大阪・戎橋が500人ジャンプで揺れ続け悲鳴…大阪市「危険」と注意喚起

6/25(月) 18:52配信

デイリースポーツ

 サッカーW杯で、日本代表がセネガルと2-2で引き分けた25日未明、大阪・道頓堀の戎橋には試合後、約500人のサポーターが殺到。ニッポンコールが起こり、一斉に橋の上で飛び跳ねたために、橋が揺れ、各所で悲鳴があがる騒動に発展した。橋を管轄する大阪市建設局は、橋の設計上、500人が一斉に飛び跳ねる行為までは想定しておらず、安全が確約できないとして、危険行為を控えるよう注意喚起した。

【写真】長友の義妹・平祐奈も金髪に「ゆっにーぃの真似!なんつってー」

 戎橋には、試合終了後の午前2時すぎ、試合を見届けた若者が続々と集まり、橋の上でニッポンコールを合唱しながら、飛び跳ねた。橋が不気味に上下に揺れはじめ、各所で悲鳴があがり、地震が起こったのかと不安がる人も。危険な状態となった。

 大阪市建設局によると、戎橋は大正時代にかけられた橋を約10年前に現在のものに架け替えた。大阪ミナミの観光名所で、同局は500人程度の人が集まっても十分な耐性があるが、500人が一斉に飛び跳ねる行為までは、設計上、想定されていないと説明。同局は「橋の上で大勢で飛び跳ねる危険な行為は、控えていただきたい」とした。

 25日未明は、午前3時すぎに、警察が制止するまで、川へのダイブ行為も続き、約20人が飛び込んだ。川の両岸にはスマホを構えた群衆が集まり、ダイブのたびに大きな声があがった。