ここから本文です

佐野玲於&中川大志、現役高校生とガチンコ勝負で勝利「大人の意地が出ちゃいました」【動画付き】

6/25(月) 19:41配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 GENERATIONS from EXILE TRIBEの佐野玲於、俳優の中川大志、高杉真宙、横浜流星が25日、東京・宝仙学園中学高等学校で映画『虹色デイズ』(7月6日公開)の公開直前イベントを開催。「1日限りのスペシャル課外授業」と題し、現役高校生と対決を行い、佐野は「大人の意地が出ちゃいました」と貫禄たっぷりに語った。

 同作は、水野美波氏の同名漫画を実写化。たった一度だけの青春を駆け抜ける、ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の友情と恋を描く青春ストーリーとなっている。共学ながら男子の勢いに中川は「圧倒されますね」と苦笑い。撮影について横浜は「4人の空気感を大切にした。男子高校生ノリみたいなもの。みんなも共感できると思う」と見どころを語った。

 イベントでは4人が1対1で男子高校生と体育、美術、国語、書道という学科別に対戦することに。横浜は体育部門の反復横跳びで対決。1分間で勝負し、僅差で勝利となったが横浜は「普通の体力測定って20秒ぐらいだと思う。1分間ってキツい…」とヘロヘロに。高杉は美術部門で佐野の似顔絵対決を行ったが、制限時間内に完成せずに敗戦。互いの健闘を称え、抱き合うと男子高校生は「恋しちゃいました」とメロメロだった。

 中川は「虹色」をお題にあいうえお作文での告白対決。女子高生から圧倒的な人気のTBS系連続ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(毎週火曜 10:00)で天馬役を好演中でもあり、「ニヤニヤしちゃう、じっと見つめちゃう、いつも君のこと、ロックオンしてるから」という中川の告白が女子高生の圧倒的な指示を集めて見事に勝利した。佐野は書道で勝負。青春と言えばというテーマで書き初めを行い、「特権」と記したが高校生のストレートな「友情」という言葉に負けてしまった。

 ドローとなったところで“お約束”の最終対決を実施。4対4の綱引きを行うことに。序盤は高校生のパワーに押されていたが終盤は大人を見せつけ大逆転勝利。スタミナ管理をしっかりしていた4人は会心の勝利にガッツポーズをしていた。中川は「みんなの爆発力がすごかった」と称賛すると横浜は「ガチでした」と肩で息をした。最後は佐野「こんなに強いとは思わなかった」としつつも「大人の意地が出ちゃいましたね」と貫禄を見せつけていた。

最終更新:6/25(月) 19:41
オリコン