ここから本文です

「勝てると思っていた」セネガルFWマネはドローに悔しさ隠さず

6/25(月) 2:18配信

ゲキサカ

[6.24 ロシアW杯グループリーグ第2節 日本2-2セネガル エカテリンブルク]

 先制ゴールを決めたセネガル代表FWサディオ・マネがマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ、試合後、記者会見に出席した。

 セネガルは前半11分、DFムサ・ワゲが右サイドの高い位置からクロス。ファーサイドでクリアしたMF原口元気のヘディングが小さくなり、こぼれ球を拾ったDFユスフ・サバリが右足でシュートを放つと、GK川島永嗣のパンチングが目の前のマネに当たってゴールマウスに吸い込まれた。

 得点シーンについて「私の足に当たってネットに入った」と指摘したセネガルの背番号10は「本当に足が当たったという感じだった」と、自身のW杯初ゴールを振り返った。

 2度リードしながらそのたびに追いつかれる展開に「ちょっと残念に思っている。勝てると思っていた」と悔しさを隠さなかった。「得点をして、同点にされて、後半も同じことが起きた。たくさんのチャンスもつくり、いいプレーをしたが、2点目も同点にされてしまった」。初戦を白星で飾ったチーム同士の第2戦は勝ち点1を分け合い、日本とセネガルが勝ち点4で並んだまま最終節を迎えることになった。

「正直に言って、みんなガッカリしている」。そう率直に認めるマネは「(グループリーグ突破は)次の試合に懸かっている。準備をしないといけない」と自分たちに言い聞かせるように話した。

最終更新:6/25(月) 4:46
ゲキサカ