ここから本文です

豪州が最下位で無念のGL敗退…ペルーは40年ぶりのW杯白星/W杯グループC第3節

6/27(水) 0:53配信

GOAL

豪州は一勝もできず、GL敗退決定

ロシア・ワールドカップは26日にグループCの最終節が開催。決勝トーナメント進出へ勝利が必須のオーストラリアが、ペルーに0-2で敗戦。グループリーグ敗退が決定した。この結果、グループCはフランスとデンマークがベスト16に進出することが決まった。

オーストラリア&ペルー美女はチェックした?ロシアW杯出場32カ国の女神たち【32枚】

序盤から圧倒的にボールを支配するオーストラリアは12分、ミル・ジェディナクが右サイドでボールを奪って攻撃に出る。そしてマシュー・レッキーからトム・ロギッチが受けると、ロギッチはPA手前からゴールを狙ったが、DFにブロックされてしまう。

一方のペルーはこれまでの2試合と違い、自陣で引いてオーストラリアの攻撃を抑え、一発のカウンターを狙う。するとペルーは18分、ロングフィードのこぼれたボールをパオロ・ゲレーロが収めると、左からクロスを供給。これを右から走り込んでいたアンドレ・カリージョが豪快なボレーを叩き込み、ペルーが先制。ペルーは今大会初ゴールをマークするとともに、1982年のスペインW杯以来、実に36年ぶりにW杯の舞台で得点を決めた。

先制を許したオーストラリアは、突破するために2点が必要となったことでより前への姿勢を強める。27分にロギッチがドリブルで強引に仕掛け、シュートを放つ。しかし、これはGKにセーブされてしまう。40分には、アーロン・ムーイのFKからトレント・セインズベリーが頭で合わせたが、惜しくも枠の左に飛んでしまう。

対するペルーは1点リードで前半を折り返すと、後半に入り、前から激しいプレスをかけていく。すると50分、左からの折返しが相手に当たって跳ねたボールをパオロ・ゲレーロが見逃さず。左足ボレーで放ったシュートがマーク・ミリガンに当たってゴールに吸い込まれた。

この直後にオーストラリアは、トミ・ユリッチを下げて、ティム・ケーヒルを投入。38歳のベテランが4大会連続でW杯のピッチに立った。すると59分、ムーイのCKからケーヒルがニアで頭でそらすと、アジズ・ベヒッチがシュート。しかし、これもDFが触って枠を外れてしまう。

ゴールが欲しいオーストラリアだが、ヘディングに無類の強さを誇るケーヒルへシンプルに放り込まずに、パスからの崩しに執着し、中々決定機を迎えることができない。結局、ペルーの堅守に苦しんで1点も返すことができず。3大会連続ゴールのケーヒルも鳴りを潜め、ペルーに0-2で敗れた。オーストラリアは今大会、一勝もできずに大会を去ることとなった。

一方のペルーは1978年のアルゼンチンW杯以来、40年ぶりのW杯白星を挙げ、有終の美を飾った。

グループCは最終戦を引き分けで終えたフランスが勝ち点『7』で首位で決勝トーナメントへ、デンマークが同『5』で2位通過を果たしている。

■試合結果
オーストラリア 0-2 ペルー

■得点者
オーストラリア:なし
ペルー:カリージョ(18分)ゲレーロ(50分)

最終更新:6/27(水) 1:15
GOAL