ここから本文です

アルゼンチンが奇跡の逆転GL突破!終盤の勝ち越し弾で4大会連続決勝Tへ/W杯グループD第3節

6/27(水) 4:53配信

GOAL

■ロシアW杯グループD第3節 ナイジェリア 1-2 アルゼンチン

ナイジェリア:モーゼス(51分)
アルゼンチン:メッシ(14分)、ロホ(87分)

大迫の奥様も“半端ない”!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【30枚】

ロシア・ワールドカップは26日にグループDの試合が行われ、ナイジェリアとアルゼンチンが対戦。アルゼンチンが2-1で勝利した。

ここまで2試合で稼いだ勝ち点はわずか「1」。前回準優勝のアルゼンチンは、まさに崖っぷちの状況だ。この試合で引き分け以下なら敗退決定、さらに勝利しても同時刻に行われるクロアチア対アイスランドの結果次第では、大会から姿を消す事になる。

チームの内紛も伝えられる状況の中、サンパオリ監督は最終節で4バックを採用。今大会唯一得点を挙げているアグエロに代えてイグアインを先発起用し、GKには前節失点につながるミスを犯したカバジェロに代え、W杯初出場となるアルマーニをスタメンに選んだ。主将のメッシは、もちろん開始からピッチに立った。

一方、前節勝利を挙げて2位に立つナイジェリアは、勝てば文句なしで決勝トーナメント進出。引き分けでも、アイスランドがクロアチアに引き分け以下で終われば、2大会連続のグループ突破が決定する状況で最終節を迎えた。

スタンドはアルゼンチンサポーターが大半を占め、ボールを持つたびに大歓声。ナイジェリアのボール保持時には大ブーイングが起こるなど、アルゼンチンのホームであるかのような雰囲気となった。もちろん、英雄マラドーナ氏も見守っている。

試合序盤は、アルゼンチンがボールを持ちナイジェリア引いてブロックを組んで守る展開となる。7分には、エリア内でこの日ファーストシュートを放つ。9分にも、メッシがドリブルでエリア内に侵入するなど、ゴールに近づいていく。

すると14分、待望の先制点を手にする。決めたのは、やはりメッシだった。自陣からの浮き球のロングパスに抜け出すと、正確なコントロールから右足でシュート。エースの今大会初ゴールで、アルゼンチンが先制する。スタジアムは、メッシコールに包まれた。

その後も集中を見せるアルゼンチンは、素早いプレッシャーから相手をゴール前に近づけない。26分には、メッシのスルーパスからイグアインが飛び出す。しかしここはナイジェリアGKウゾホが果敢な飛び出しで防いだ。

攻め立てるアルゼンチンは31分、カウンターからDFラインを突破したディ・マリアがゴール手前でファールを受け、FKを獲得。メッシが直接狙ったが、ここは右ポストを叩いた。

その後もナイジェリアにチャンスを作らせず。前半はアルゼンチンの1点リードで終了した。

■最後にドラマが!

劣勢のナイジェリアは、後半開始からイヘアナチョに代えてイガロを投入。ゴールを奪いに行く。

すると、1点ビハインドのナイジェリアは48分にPKを獲得する。48分、CKの場面でマスチェラーノが相手を倒したとしてファールの判定。ビデオ判定も覆らず、キッカーのモーゼスは大ブーイングの中落ち着いて沈めた。試合は1-1になった。

勢いに乗るナイジェリアは、58分にもカウンターからムサがスピードをいかしてエリア内に侵入するなど、危険な場面を増やしていく。

勝たなければならないアルゼンチンは、60分にペレスに代えてパボンを投入。サンパオリ監督は、攻撃的な選手を増やし、勝ち越しをねらいに行く。しかし、前半にエネルギーを使いすぎたせいか運動量が落ちてミスも目立ち、迫力のある攻撃を仕掛けられない。

反対にスペースを得たナイジェリアは、ムサのスピードをいかしていく。71分には、エテボがミドルシュートを放ち、GKアルマーニを脅かす。さらに75分には、イガロがクリアボールをダイレクトシュートを放った。この場面でアルゼンチンDFロホの手に当たっていたとしてビデオ判定が行われたが、PKにはならず。アルゼンチンは九死に一生を得た。

攻めなければならないサンパオリ監督は、DFを下げてアグエロを投入。勝負に出る。80分には、イグアインが絶好機を迎えたが、エリア内でフリーで合わせるも枠を外してしまった。

逆に84分には、ナイジェリアの直接FKがサイドネットにあたって冷や汗をかく。その後も相手のブロックを崩せない。85分にエリア内で倒れるシーンもあったが、笛はならない。

しかし、終盤にドラマが待っていた。86分、パボンの右サイドのクロスに上がっていたロホが合わせ、ネットを揺らした。アルゼンチンは、土壇場で勝ち越しに成功する。

その後も、メッシが激しい守備を見せるなど、全員でリードを守りに行く。

試合はこのまま終了。アルゼンチンは土壇場の決勝弾で、2-1と勝利。厳しい状況下に追い込まれていたが、2位での決勝トーナメント進出を決めた。

Goal編集部

最終更新:6/27(水) 5:00
GOAL