ここから本文です

慶大教授が「(子供に)ゲームはクソ!」 ツイートの真意、本人に聞いた

6/28(木) 18:17配信

J-CASTニュース

 自分の子供が観劇に興味を示さないとして、坂井豊貴・慶大教授が「ゲームはクソ!」などと子供に言ったとツイートしたところ、疑問や批判も相次ぐネット論議になっている。

 坂井教授は、自身も子供と毎日ゲームをしていると説明したが、ツイートは削除した。

■子供は大泣きし、「任天堂に失礼だー」と言い返す

 ツイッターのプロフィールによると、坂井教授は、過去に劇団員をしていたことがある。

 それもあってか、2018年6月25日のツイートでは、自らの子供にミュージカルへの興味を持ってもらおうとしたというが、「子どもがあまりに観劇に関心を示さない」と嘆いた。そして、腹を立てた坂井教授は、こう叫んだという。

  「ゲームはクソ! ミュージカルが最高!」

 すると、坂井教授の子供は、大泣きし、

  「ゲームが大好きなのにー」「任天堂に失礼だー」

と坂井教授に言い返した。しかし、坂井教授は、

  「ゲームをけなしたら泣く人間がいるのか。それが私の子どもなのか。わからない」

と理解できない様子だった。

 さらに、26日のツイートでは、子供は相変わらず観劇に関心がないとして、18年末にとりあえず劇団四季の公演とみられるミュージカル「CATS」のチケットを買ったと明かした。そして、「これで面白がらなかったらゆるさない」と書いていた。

 結果として公の場でゲームをけなす形となったため、坂井教授のツイートには、疑問や批判が次々に寄せられる事態になった。

自らも子供とゲームするも、「寛容になれない」と悩む

  「ご自分の価値観を押し付けようとする貴方の方が反省すべき」
   「これはこども演劇嫌いになるな」
   「娯楽や芸術のジャンルそのものに優劣などありません」
   「ゲームに関わる人全てへの侮辱だ」...

 このほか、

  「ゲームもよいけどミュージカルはもっとよいぞ、と教えるべきでは?」
   「子どもの発達段階に沿ったものを選んであげてほしい」

といったアドバイスもあった。

 坂井教授が批判をブロックしたことなどもあって、ツイッターは炎上状態になった。その後、坂井教授は、6月28日までに自らのツイートを削除した。

 ただ、研究者らのツイッター上の呼びかけには答えており、坂井教授自身も毎日、子供とゲームをしていると明かした。しかし、自身が変わるべきではとの指摘に対しては、「問われてます」と認めながらも、「寛容になれない」「ちょっと、大変」と悩んでいた。

1/2ページ

最終更新:6/28(木) 18:17
J-CASTニュース