ここから本文です

松本潤 歴史上の人物に初挑戦…『北海道』命名者役に「大きな挑戦」

6/28(木) 18:00配信

デイリースポーツ

 嵐の松本潤(34)が北海道150年記念特別ドラマ「永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」(NHK総合、19年春放送)に主演、幕末の探検家で北海道命名者の松浦武四郎(たけしろう)を演じることが28日、分かった。歴史上の人物に初挑戦する。

 明治2(1869)年に、かつて蝦夷地と呼ばれていた北の大地を「北海道」と命名した武四郎の人生を、朝ドラ「ふたりっ子」や大河ドラマ「功名が辻」、「セカンドバージン」などを手がけた脚本家・大石静氏(66)がオリジナル作品として描く。

 武四郎は蝦夷地を生涯6度探査し、地図を刊行。現在の行政区画のもとになっている北海道11国86郡の設定にも関わり、北海道のもとになる「北加伊道」を提案。探検家、地理学者、ルポライターなどで業績を残した。

 松本は同局を通じてメッセージを寄せ、「僕にとって、とても大きな挑戦になる」とコメント。「150年という節目のタイミングで、このような意義のある作品に参加させて頂ける事を光栄に思います。この作品を通じてアイヌの人々の文化、北海道の歴史を視聴者の皆様に感じて頂けたら嬉しい。大石静さんの力強い脚本を表現できるよう、心を込めて松浦武四郎さんを演じたい」と意気込んでいる。

 ヒロインは深田恭子(35)。武四郎の人柄に魅せられていくアイヌの女性リセ役を演じる。松本は深田と共に8月から北海道各地でロケを予定している。