ここから本文です

ホンダ、パーソナルユース向けに上質感を高めた 「スーパーカブC125」を発売

7/2(月) 9:45配信

carview!

ホンダは、今年8月に発売60周年を迎える人気のロングセラーバイク「スーパーカブ」に、パーソナルユース向けに上質感を高めた新モデル「スーパーカブC125」を設定し、9月14日(金)に発売すると発表した。

>>スーパーカブC125の詳細写真を見る<<

スーパーカブC125は、スーパーカブの伝統的なスタイルを踏襲しながら、スタイリッシュな外観と快適性を追求したモデル。デザインは、ハンドルやヘッドライト周り、フロントフォークの形状をスタイリッシュなデザインとするとともに、ボディカラーは鮮やかな「パールニルタバブルー」を採用し、赤いシートを組み合わせた。なおエンブレムはオールドタイプのウイングマークを採用し、歴史あるカブのヘリテージを演出した。

車体は、スーパーカブ110のフレームをベースに、ヘッドパイプ周りやエンジンハンガーの剛性を高め、125ccエンジンとバランスのとれたハンドリング性能を追求している。また、エンジンはヘリカルギアや高精度ベアリング(クランクジャーナルベアリング)の採用により静粛性を高め、変速フィールの改善も図っている。スペックは最高出力9.7ps、最大トルク10Nmで、燃費は69.0km/L(60km/L定地燃費値)。

さらにキーを取り出すことなくメインスイッチノブの解錠が可能なスマートキーの採用や、上質感あるメーターの採用など、所有感を満たす装備を採用した。

価格は、39万9600円。

株式会社カービュー

最終更新:7/2(月) 9:51
carview!