ここから本文です

ウィンブルドン選手権2018開幕! キャサリン妃ほか、おしゃれセレブの歴代観戦スタイルをCHECK

6/29(金) 6:50配信

ELLE ONLINE

世界最古のテニストーナメントであり、テニスのグランドスラム4大大会の中で最も歴史のあるウィンブルドン選手権が今年も開幕! テニス大会発祥の地であり、「テニス=貴族のスポーツ」と言われるとおり、イギリスでは“社交界の交流の場”という意味合いも含まれるこの大会。観客席にはロイヤルファミリーから有名セレブまで、豪華な顔ぶれがずらり! すべてのプレーヤーにはユニフォームから下着まで、「白」の装いという厳格なルールが義務付けられていることを意識してか、テニスをこよなく愛するセレブゲストの間でも圧倒的に白い着こなしが大人気。そんな格式高い大会で、これまでセレブたちが魅せてくれた観戦ファッションをチェック!

【写真】ウィンブルドン選手権2017来場セレブに学ぶ!世界一シックなスポーツ観戦ファッション

キャサリン妃(2012年)

自分に似合うファッションを心得ているキャサリン妃。2012年はアレキサンダー・マックイーンのセーラーニットドレスで登場。クラシカルだけどモダンな雰囲気がキャサリン妃の美しさをより引き立てて。

ヴィクトリア・ベッカム(2014年)

自らが手がけるブランド、ヴィクトリア・ベッカムから、カラーブロッキングのフット&フレアドレスをまとったヴィクトリア。カラー、シルエット、そして洗練度において、ウィンブルドンにぴったり!

カーリー・クロス(2015年)

人気モデルのカーリーは、ホワイトのサマーニットドレスに、クールなアヴィエーターサングラスをプラス。

ポピー・デルヴィーニュ(2017年)

ポピーはラルフ ローレンの金ボタンが輝くベーシックな紺ブレを、あえてミニドレスに合わせてマスキュリ二ティを上手に引き算。

最終更新:6/29(金) 6:50
ELLE ONLINE