ここから本文です

ついにクラフトビールも透明に アサヒ直営店で試験販売

6/29(金) 9:26配信

食品新聞

アサヒビールは透明なクラフトビール「クリアクラフト」(酒税法上は発泡酒)樽詰めを開発し、6月25日から8月末までグループの直営店舗でテスト販売を行っている。主に新ジャンルの技術をベースに着色しない原料を選定することで、発酵由来の味わいや香りが楽しめるという。

同社研究開発本部では昨年から7つの新商品を開発、直営店舗で提供してきた。テストマーケティングとの位置付け、消費者との対話やアンケートにより声を集め、商品化を検討してきた。

今回も発売から3週間程度、アンケートなどを行い、ユーザーの声を生かした商品へブラッシュアップする。また、透明な液色に合った飲用スタイルも検討するとしている。

販売価格は500円(1杯)、発売品種は樽詰め10リットル、アルコール分5%、販売数量約9千杯(なくなり次第終了)。販売店舗はBEER&SPICE SUPER“DRY”KITTE丸の内店(東京都千代田区)、スーパードライ新宿(東京都新宿区)、TOKYO隅田川ブルーイング(東京都墨田区)、BW STATION(大阪市)。

最終更新:6/29(金) 9:26
食品新聞

あなたにおすすめの記事