ここから本文です

クレヨンしんちゃん 矢島晶子さん最後の放送「オラ毎日楽しい!」で別れ

6/29(金) 20:02配信

BuzzFeed Japan

国民的人気アニメ「クレヨンしんちゃん」(テレビ朝日系)で「野原しんのすけ」役を演じてきた矢島晶子さんが、6月29日放送回をもって降板した。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

テレビ朝日は1日、矢島さんが29日放送回で降板することを発表。

矢島さん本人から「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなり、キャラクターの声を作る作業に意識が集中して、役としての自然な表現がしづらくなった」と申し出があったのが降板理由とのこと。

しんのすけ役からは離れるが、声優としての活動は続けていく。

矢島さんは、1992年4月の放送開始から26年にわたり、しんのすけ役を演じてきた。後任には小林由美子さんが決定している。

最後の放送では…

矢島さん最後の出演回である29日は、「野原家プリンウォーズだゾ」「防衛隊の会議だゾ」の2本を放送。

それが終わった後に、「いつものオラだゾ」と題したショートエピソードが放送された。

そこでは、チョコビを食べるしんのすけや、アクション仮面を観るしんのすけ、家族で過ごすしんのすけなど「いつものしんのすけ」が描かれていた。

「あ~オラ毎日楽しい!」

これが矢島さんが演じる、しんのすけの最後のセリフだった。

以下、公式サイトに掲載された矢野さんのコメント全文。

ーー
27年間、春我部の「嵐を呼ぶ5才児」と一緒に過ごして参りましたが、この度、野原家から離れることに致しました。

理由は、しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなった為です。

キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です。

長い間、皆様に親しんで頂き、本当に感謝しております。

「しんのすけ」というキャラクターとは離れますが、声の仕事には関わっていきます。また別の機会に他のキャラクターでの私の演技を受け取って頂けましたら幸いです。

27年間、ありがとうございました。
ーー

放送終了後、2代目しんちゃんを演じる小林由美子さんが以下のようにツイートした。

「矢島さんのしんちゃん、やっぱり最高でした!これまでどれだけの笑いと感動を私達にくださったか計り知れません。まだまだ足元にも及びませんが、来週からはどうぞ、お任せください…!!この先しんちゃんを大切に育てて参ります!27年間、本当に本当にありがとうございました!!」

最終更新:6/29(金) 20:26
BuzzFeed Japan