ここから本文です

「もう緊急避難に当たらない」どうなる海賊版サイト対策 中村伊知哉座長の胸中

6/30(土) 19:04配信

BuzzFeed Japan

海賊版サイトにどう対策をするか。議論は白熱している。

内閣府の知的財産戦略本部「インターネット上の海賊版対策に関する検討会議」が6月22日から開かれている。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

これを仕切るのは、中村伊知哉慶大大学院教授と村井純慶大教授の2人の座長。

今後、海賊版サイト対策はどうなるのか。検討会議が進む中、中村伊知哉座長がBuzzFeed Newsの取材に話した。

ーー第1回、第2回と検討会議を終えて感想は。

どうなることやら。

広告問題や削除要請などはコンセンサスが得られているが、ブロッキングの法制度をつくるか否かは、どちらに揺れるかわからない。

ーー4月13日の知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議で緊急対策が決定した段階では、中村座長は「ブロッキングやむなし」という意見だったと認識している。

あの時はやむなしだった。政府としてなにかしらの対応をしないと、不作為の批判の方が強くなる。政府はブロッキングをしても容認する解釈まで出した。「やむなし」というのが、私があのときに出せたギリギリの意見だった。

ーー状況はだいぶ変わったが。

現時点ではっきりしているのは、いまの段階でブロッキングを実行してはいけないということ。問題の3サイトは事実上死んでおり、ブロッキングをしても緊急避難に当たらない。状況は収まりつつあり、今後どうするかを考えていく段階である。

今回の検討会議構成員の多くはブロッキング不要派が多い。ブロッキングしなければ問題解決はしないと言っているのは川上(量生)さん。

私自身いま決めてることはなく、ブロッキング是非の問題は、中立でいくと決めている。

ーー今回の構成員は慎重派も多くいる印象。

政府も腹を括ってきたなと。ブロッキングに慎重派の村井純さんを共同座長にしたのはかなり本気度が出ている。私だけだったら、どうしても知財側に立っているという意見は出るだろう。そこに“ネットの親分”が出てきて、必ずしも「ブロッキング前提ではない」とメッセージは伝わったと思う。

1/2ページ

最終更新:6/30(土) 19:21
BuzzFeed Japan

あなたにおすすめの記事