ここから本文です

復刻連載「北朝鮮難民」 苦難の行軍を再照射する(5) 飢餓の実態を調べる

6/30(土) 21:59配信 有料

アジアプレス・ネットワーク

◆飢餓の実態を知るには

北朝鮮から中国に越境する人が大量に発生し、その一部が難民となっていった主な原因は、いうまでもなく飢餓のためである。短期間に大量の越境者・難民を生み出したことから、この飢餓は相当深刻で広範囲に拡がっていたことが推察された。

飢餓のなかで犠牲になった人の数は、数千という単位から300万以上という数字まで様々な推定値が飛びかったが、その実態は、やはり北朝鮮政府がジャーナリストや国連機関の接近と調査を許してこなかったため、把握は極めて困難だった。

95年以来の国際援助活動に伴い、今日まで延べ数千人の外国人援助関係者が北朝鮮国内に入った。だが、ただの一人からも餓死者を目撃したという報告はないのだ。中国朝鮮族を除けば、今でも外国人は北朝鮮国内の「核心」に近づくことはできていない。


とすると、難民を生み出した根本原因である飢餓の実態を知るうえで、現段階でもっとも有効な方法は、やはり当事者であり、体験者である越境者・難民の証言を集め分析することだ。

彼らの証言は、サンプル数を増やすことによりかなり信憑性が高くなるはずだ。軍事関係や平壌の権力中枢部のことはともかく、少なくとも一般民衆の生活や考え方、飢餓の実態などに関しては、現在でも非常に情報価値が高いといえる。

韓国に亡命した人たちも同様に貴重な情報をもたらすが、韓国当局の管理下にあって、言いたいことが言えない圧力や操作の可能性を捨てきれない。また、北朝鮮を離れて時間が経っているため、情報の内容が現状と一致しない部分がある。

一方、越境者・難民たちは、逮捕送還された時の憂慮はあるものの、南北朝鮮のどちらの影響下にあるわけでもなく、北朝鮮から越境してきてから間がない場合は最新の情報をもたらす。 本文:2,348文字 この記事の続きをお読みいただくには、アジアプレス・ネットワークの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

  • 通常価格:
    288円/月(初月無料)
    会員価格会員価格:
    258円/月(初月無料)

アジアプレス・ネットワークの記事一覧へ戻る