ここから本文です

カラフルでポップなせっけん、仲間と協力のあかしで誇り 「職人」は障害ある23人

6/30(土) 20:43配信

AFPBB News

【6月30日 AFPBB News】職人たちが真剣な面持ちで、形や配置を確認しながら手際よく升目の中に色とりどりの「フルーツ」を入れた後、透明の液体を流し込んで固まるのを待つ。菓子工房さながらの光景だが、作っているのはフルーツゼリーではなく、せっけんだ。

【関連写真(全16枚)】おいしそうなせっけんに気分も上がる

 イチゴやオレンジ、パイナップルやキウイの形をしたせっけんを型に入れて作った「フルーツキャンディバーソープ」。色鮮やかなフルーツが、みずみずしいまでに再現されている。工房には甘い香りの代わりに、せっけんのさわやかな芳香が漂う。

■自社ブランド製造で注目度アップ

 神奈川県小田原市、川沿いの緑豊かな田園に建つ「リンクライン(LinkLine)」の工房。23人の従業員は、知的、身体、精神のいずれかに障害がある。ここでは皆、「メンバー」と呼ばれる。このほかに指導担当の3人が加わり、国産の植物性油脂を用いて企画から梱包まで一貫して社内で手がける。主力商品のせっけんは、ネット通販のほか、全国の有名雑貨店で販売されている。

 東京のIT関連会社の特例子会社として、2010年に設立された。以前は、企業からの委託製造(OEM)が中心だったが、2016年に自社ブランド「リィリィ」を打ち出して自分たちでデザインしたせっけんを作るようになってからは、会社や作り手への注目度が高まった。昨年は、主力のフルーツキャンディーバーソープなどの売り上げが好調で、創業以来の目標だった売り上げ1億円を達成。貸し切りバスで日帰り社員旅行にも行った。

■「作り手のことも知ってほしい」

 リンクライン代表で、自らせっけんの型を作りメンバーに指導する神原薫(Kaoru Kambara)さん(44)は、「障がい者ががんばっているからという理由ではなく、2回目も買いたくなるものを作っていきたい」と語る。「障がい者を雇用して満足するのではなく、収益を上げ、会社として自立するにはどうしたらいいか」。創業時に考えた神原さんが行き着いたのが、せっけんだった。

「作り手のことをもっと知ってほしい」という思いが募り、自社ブランドが誕生。人気の「キャンディバー」のほか、今やケーキやチョコレート、バラの花や貝殻、口紅の形をした化粧品のシリーズなど種類は広がる。

 自社ブランドを展開する上で、OEMをしていた経験が生きた。細かい検分は技術の向上につながり、納期を守ることで達成感やチームワークを身につけていった。手作りせっけんには、模様の配置が同じものはなく、従業員の個性が透けて見える。

1/2ページ

最終更新:7/2(月) 15:10
AFPBB News

あなたにおすすめの記事