ここから本文です

日本に立ちはだかるフェライニがマンUと新契約締結「今はW杯に集中している」

6/30(土) 6:45配信

ゲキサカ

 マンチェスター・ユナイテッドは29日、ベルギー代表MFマルアン・フェライニ(30)と2020年6月までの新契約(1年の契約延長オプション付き)を締結したことを発表した。

 フェライニは2013年9月2日の移籍市場締め切り直前にエバートンからユナイテッドに移籍し、5年契約を結んだ。ここまでクラブ通算156試合に出場し、20得点を記録。加入後はFA杯、EFL杯、UEFAヨーロッパリーグ(EL)、コミュニティシールドのタイトル獲得に貢献した。

 また、2007年2月7日にA代表デビューを果たし、これまで84試合で17得点をマークしている。W杯は2014年ブラジル大会に続いて今回のロシア大会でもメンバー入りし、グループリーグ2試合に出場。7月2日の決勝トーナメント1回戦では日本代表と対戦する。

 フェライニは新契約の締結に際し、クラブ公式サイトを通じて「これからもマンチェスター・ユナイテッドの選手でいられることを嬉しく思っている。クラブで満足しているからこそ、この決断を下した。ジョゼの下、僕たちはもっと多くのことを成し遂げたい。自分を信頼してくれているジョゼに感謝したい。今はW杯に集中しているけれど、来季に成功を収めたい」とコメントした。

 ジョゼ・モウリーニョ監督も「彼がクラブに残りたいと思ってくれていると信じていた。新契約にサインしてくれて嬉しい」と歓迎を示している。

最終更新:6/30(土) 6:45
ゲキサカ