ここから本文です

【日本ハム】「魔の日曜日」脱出できず 栗山監督「監督の責任」

7/1(日) 19:22配信

スポーツ報知

◆日本ハム3―6オリックス(1日・札幌ドーム)

 日本ハムが、またも「魔の日曜日」を脱出できなかった。

 今季初先発の吉田が3回に2点を失うと、“まさか”の展開が待っていたのは4回だった。無死一塁から捕手前のバントを処理した捕手・清水の二塁への送球を、遊撃・石井一が捕球ミス(記録は石井一の失策)してピンチが拡大。さらに1点を奪われた後の2死一、三塁では、打者・福田の2球目に二塁を狙った一塁走者を刺そうとした清水が二塁へ悪送球し、三塁走者の生還を許した。

 結局、この回4点を奪われて中盤までに6失点。試合の流れは決まった。

 これで日曜日の試合は6月3日の中日戦(札幌D)から5連敗。今季開幕からでも通算4勝10敗と相性が悪い。ミスが響いての敗戦となり、栗山監督「ミスがあっても勝たなきゃいけない。勝たせてあげられないのは監督の責任」と唇をかんだ。

最終更新:7/20(金) 15:29
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(月) 13:35