ここから本文です

【CBC賞】アレスバローズ、通算26戦目で重賞初制覇

7/2(月) 6:04配信

スポーツ報知

◆第54回CBC賞・G3(7月1日・芝1200メートル、中京競馬場、良)

 サマースプリントシリーズ第2戦の第54回CBC賞(中京)は、アレスバローズ(川田騎乗)が重賞初制覇を飾った。

 6歳馬が悲願を成就させた。中団で脚をためたアレスバローズを、川田が直線で激しく鼓舞する。前半3ハロン32秒7の速い流れが折り合い面での後押しにもなり、持ち味の末脚発揮につながった。馬場の真ん中から悠々と抜け出し、2着に1馬身1/4差で快勝した。

 「すごくいい感じでゲートを出てくれて、これはいいなと思いました。いつも以上にいい位置で流れに乗れて、仕掛けてからの反応も良かったです。非常にいい内容で勝ってくれたと思います」。初コンビで重賞初制覇に導いた鞍上が、充実した表情で汗を拭った。

 通算26戦目で果たした特別な勝利に、角田調教師が相好を崩す。「仕掛けどころの難しい馬だけど、先入観をもたずに乗ってくれた。展開も向いたね。ようやく、だね」。気性の難しさから馬房でイレ込みやすく、これまでは1泊する出張競馬や10日競馬の実績がほとんど。当日輸送で手にした勝利に成長の跡がにじんだ。

 今後は状態を見て、サマースプリントシリーズ参戦を視野に入れる。「落ち着きが出てきたからね。数を使ってないので、まだ若いよ。これから」。遅れてきたディープインパクト産駒に、トレーナーはさらなる飛躍を期待した。(宮崎 尚行)

 ◆アレスバローズ 父ディープインパクト、母タイセイエトワール(父トニービン)。栗東・角田晃一厩舎所属の牡6歳。北海道日高町・ヤナガワ牧場の生産。通算26戦6勝。重賞は初勝利。総収得賞金は1億4295万7000円。馬主は猪熊広次氏。

最終更新:7/14(土) 12:39
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ