ここから本文です

「夏越の大祓」諏訪大社上社と下社で神事

7/1(日) 6:01配信

長野日報

 諏訪大社上社と下社で6月30日、「夏越の大祓」の神事があった。青々としたカヤで仕立てた茅の輪を参列者がくぐり、半年間で身に降りかかった罪、けがれを除き、心身を清めた。

 諏訪市の上社本宮では、休日と重なったことから、例年よりも多い約300人が参列し、長い列ができた。斎庭では紙の人形で全身をなでた後、息を3回吹きかけて神職に託した。境内に移り、直径約2メートルの茅の輪を3度くぐりながら、「はらへたまい清めたまへ」と唱えていた。

 毎年家族で訪れているという南箕輪村田畑の三井千代美さんは「半年間の厄を落として、新たな気持ちで残り半年のスタートを切ることができる。ありがたい」と話していた。

最終更新:7/1(日) 6:01
長野日報