ここから本文です

トライアルから出戻り猫 2軒目でおばあちゃんと仲良しに

7/1(日) 14:00配信

sippo

 トライアルで一度は預けられた保護猫が、何らかの事情で保護団体に戻されるケースがある。もともといた先住猫との相性も、その理由の一つ。一度は出戻り、2カ所目の家で幸せをつかんだ猫がいる。猫は1歳。いま一番の仲良しは、なんと99歳のおばあちゃんだ。

【写真特集】出戻り猫、2軒目で幸せに 13枚

 東京多摩地区にある一戸建て。坂本さん(44)は70代の両親、99歳の祖母と、猫2匹で暮らしている。

 取材に伺うと、1階の居間の棚の上で、白黒模様のオス猫がくつろいでいた。5月で1歳になったハヤテだ。昨年9月、この家にやって来た。

きょうだいの縁で

 ハヤテは野良猫が生んだ4きょうだいのうちの1匹。昨年夏、日本動物愛護協会が開いた保護猫譲渡会に参加して、いったんは別の家に引き取られた。だが、「先住猫2匹のうち1匹は仲良くなったが、もう一匹がどうしても受け入れない」と、ボランティアの家に戻されたという。最初に迎えた女性は、泣く泣くあきらめたそうだ。

 一方、坂本さんの弟の家では、ハヤテのきょうだいの猫2匹を飼い始めていた。その弟から「戻ってきて、行き場がないらしい。飼ってあげられないか」と連絡があった。

 行き場がないのはかわいそうだと、坂本家では家族会議を開いた。しかし、すぐには答えを出せなかった。それまで「蝶よ花よ」と育ててきたメス猫のヒメ(7歳)がいたからだ。

「ヒメはおにいちゃん(長男)とラブラブで」とおかあさんがいう。「ヒメは初めて飼った猫だし、自由気ままに暮らしてきたので、トライアルをするまで3週間も悩んだんですよ」 

 ハヤテは迎えた当初、2階の両親の部屋でケージに入れていた。ヒメは“あなた誰よ?”とばかり「シャーシャー」と声をあげ、ハヤテの方も目をパチクリ。だが、すぐに心配は消えた。1か月もすると、2匹はなじんできたという。

「ハヤテはヒメちゃんが好きで抱きしめたいけど、ヒメちゃんのほうは『今はヤメテ』って感じでふるのよ。だから2匹はほどほどの仲ね」とおかあさんは笑った。

1/2ページ

最終更新:7/1(日) 14:00
sippo

あわせて読みたい