ここから本文です

【ヤクルト】石山、プロ1年目以来の球宴出場…中村&バレとともに監督推薦で

7/2(月) 17:15配信

スポーツ報知

 「マイナビオールスターゲーム2018」(7月13日・京セラD、14日・熊本)の監督選抜が2日、発表され、ヤクルトからは石山泰稚投手(29)が5年ぶり2度目、中村悠平捕手(28)が2年ぶり4度目、ウラディミール・バレンティン外野手(34)が2年ぶり6度目の出場を決めた。

 シーズン途中から抑えを務め、13セーブをマークしている石山は「プロ1年目以来なので選ばれて光栄です。まさか、また出場できると思っていなかったので頑張りたいと思います。滅多にない機会なので、心から楽しんで全力投球したいです」と声を弾ませた。

 オールスターでは通算7打数3安打の中村は「推薦していただいた緒方監督に感謝致します。チームの代表としても出場しますし、捕手としてセ・リーグが勝利するように、打席に立てば打てるように全力でプレーしたいと思います」と意気込んだ。

 34歳の誕生日に吉報が届いたバレンティンは、11、16年に本塁打をマーク。「日本に来てオールスター6度目の出場になり、とてもうれしい気持ちです。私の持ち味はパワーです。ファンの皆様にホームランを見せたいと思います」と宣言した。

最終更新:7/14(土) 4:18
スポーツ報知