ここから本文です

「いねむし おーくりな」豊作願い稲虫祭り

7/2(月) 6:02配信

長野日報

 諏訪市湖南、豊田、中洲地区の各区で1日早朝、稲の害虫を追い払い豊作を願う「稲虫祭り(除蝗祭)」があった。清浄を意味する白い衣装と鉢巻き姿の子どもたちが、太鼓や鐘を打ち鳴らし「稲虫おーくりな(送りな)、諏訪湖におーくりな」とはやし立てながら、水田地帯を練り歩いた。

 南真志野の習焼神社除蝗祭は、園児と小学生約70人が参加。虫のイラストなどで飾ったササ竹の「旗」を1人1本ずつ持ち、隊列を組んで田んぼの脇道を歩いた。神事で玉串を神前にささげた6年生の川島蒼唯君は、「稲虫が飛んで行って、稲が育つように願った」と話し、「祭りの参加が最後になるのは残念だけれど、楽しみたい」と元気な声で虫を追い払っていた。

 同神社によると、稲虫祭りは807(大同2)年の「古語拾遺」に記されている全国でも珍しい行事。町内会ごと子どもたちが旗作りや太鼓・鐘の練習をして準備した。

最終更新:7/2(月) 6:02
長野日報