ここから本文です

「オープンソース開発に重大危機」--GitHubがEUの著作権法改正に反対する理由

7/2(月) 6:30配信

ZDNet Japan

 欧州連合(EU)がインターネットを使ってコンテンツ(著作物)を配布するすべてのプラットフォームに、コンテンツフィルタリングの導入を義務付けようとしている。世界最大のオープンソースレポジトリであるGitHub(同社に対してはMicrosoftが先ごろ買収計画を発表している)は、新たな法案が欧州議会を通過した場合、オープンソースソフトウェアの配布、維持に使われている仕組みが事実上崩壊すると警鐘を鳴らしている。

GDPRはデータを活用するAIとイノベーション促す好機に--IBMのプライバシー責任者

 GitHubで政策担当責任者を務めるMike Linksvayer氏は米国時間6月20日、米ZDNetにあてたメモの中で「アップロードされるソースコードを自動的にフィルタリングするには、まったく新しい技術が必要になる」と述べる。「そして、(そうした自動フィルタリングの仕組みが導入された場合)結果的に膨大な数のフォールス・ポジティブ(誤検出)によってソフトウェア開発がはるかに不安定なものとなり、各ビルドが文字通り破壊されたり、もしくは膨大な数のフォールス・ネガティブ(検知漏れ)が発生することになる。

 欧州議会の法務委員会は現地時間6月20日、著作権に関する指令案を可決した(投票の結果は賛成14、反対9、棄権2だった)。これには、EUの著作権保護に関するルールを抜本的に変えてしまう条項が盛り込まれている。この指令は、表面的には「文化的遺産に関連する機関(主に図書館や博物館)」に対して、あらゆる形態のコンテンツへのアクセスを保証することを目的としている。しかし、実はこの指令案では、アーティストや権利保有者が自らの作品の配布に関して(おそらく電子的に)交渉し、配布した作品の著作権料を請求できるようにするための「仕組み」の導入が義務付けられている。

最終更新:7/2(月) 6:30
ZDNet Japan